▶ 4:ホ・オポノポノとはATM(現金自動預け払い機)

クリックありがとうございます!

今回は、まずは、

ホ・オポノポノの本質

「ATM」(現金自動預け払い機)

に例えて解説させて頂きます。


その後で、
「期待」して

ホ・オポノポノし続けている間中、


ずっと、めちゃくちゃ

ストレスフルな状況が

継続し続けたのですが、


「期待」せずに

ホ・オポノポノをした瞬間に

そのストレスフルな状況が

瞬く間に終わった


私の実話を紹介します。


ホ・オポノポノを始めて

続けて、10周年。


心理カウンセラー

長谷川 貴士です。


==<もくじ>====


1: ホ・オポノポノとは
 
ATM(現金自動預け払い機)


2:ホ・オポノポノの
        
私の実話


===========

 

柴犬うみと花のイラスト

 

1:ホ・オポノポノとは
ATM(現金自動預け払い機)

 

例えて言うならば、

ホ・オポノポノとは、

「ATM」(現金自動預け払い機)

の役割です。

 


                  < ATM写真 出典・SMBC様 >

 

私達が「魂の負債」

抱えているとき、


その負債の残高は、

通帳(=魂)に

記載されています。


その負債を返済するためには、

現金を「ATM」

(=ホ・オポノポノ)を使って

振込む必要があります。


このとき、

「ATM」に投入することで、

負債を減らすことができる、

「現金」は、


クリーニングツールを

心の中に思い浮かべることです。


ホ・オポノポノを実践することが

負債を減らす「現金」の役割です。


クリーニングツールに

設定されている

「ありがとう」とか

「アイスブルー」とかの

言葉や色などを


1回、1回思い浮かべるたびに、

借金返済のための「現金」が

増えて行きます。


その「現金」が「ATM」

ホ・オポノポノ(の仕組み)

を通して、


(魂の)負債残高を消去して、

 減らしてくれます。


これが、ホ・オポノポノで、

ストレスフルな日常の

根本的な原因とされている、

私達が抱えている

「魂の負債」と


ホ・オポノポノという

「ツール」の関係性です。

ホ・オポノポノでは、

私達は抱えている

「魂の負債」に見合うだけ、

ストレスフルな状況を経験します。


これは、救いのないことの
ように

感じられるかも知れません。


============

しかし、その負債は、

「期待」せずに、

ホ・オポノポノを実践することで、

返済し、消去することができます。


そして、その結果、苦しい

ストレスフルな状況は終わります。

============

 

柴犬うみと竹

 

2:ホ・オポノポノの
          私の事例

 

それでは、ここで、また、

私が実際に経験した、

ホ・オポノポノの体験談を

紹介します。


今回は、
私が抱えていた、

「魂の負債」から

起きてきたストレスフルな

出来事について、


解決されることを

「期待」しながら

ホ・オポノポノしたことで、


その「期待」とは逆に、

苦しみが何日も続いた様子と、


一転、「期待」せずに

ホ・オポノポノしたことで、


一瞬でストレスフルな状態が

解決した時のお話です。


お読み頂くことで、

「期待」せずに

ホ・オポノポノを実践する

ことの大切さについて、

より理解が深まります。

 

柴犬うみと草

 

< カーテンの話し >


私が、カウンセリングルーム

を整えている時の話です。


私は、カウセリングルームの

窓の大きさに合わせた

オーダーカーテンの作成を

お店に依頼しました。


2週間ほどで、そのカーテンは

出来上がり、私の元に届きました。

 

カーテン画像
           < 私がオーダーした実際のカーテン >


しかし、届いたカーテンは

私の依頼通りのデザインと

サイズでしたが、なぜか?

とても焦(こ)げくさい臭いがしました。


たき火でビニール類が焦げた時のような、

強い焼け焦(こ)げ臭が

カーテンに染みついていました。

 

野焼き画像
                     出典:黒川温泉様


私は、カーテンから焼け焦げ臭が

するのは、最初だけで、

しばらくしたら臭いは消えて

しまうかも知れないと思いました。


そこで、まずは、カーテンを広げて、

吊るして1日様子を見ることにしました。


しかし、1日経っても、

2日経ってもカーテンの

焼け焦げ臭は消えることが

ありませんでした。


そのカーテンを吊るしてあった

部屋が焼け焦げた臭いで充満する

だけでした。


私は、折角仕立てた

オーダーカーテンが


通常の状態でなく

焦(こ)げくさい状態で

納品されたことに

不満や怒りを感じていました。


その不満や怒りを感じながら、

ホ・オポノポノをしました。


しかし、不満や、怒りの思いは、

私に、


「焦げ臭いカーテンが届いたことは

 許せない、受け入れられない!」


「ちゃんとした、まともな

 カーテンが届いて欲しい。」


「そんな普通で当たり前の

ことが出来ないなんておかしい!」


こんな思いを抱かせていました。

 

私は、このような、怒りの感情に

呑み込まれていました。


このために、自分でも気づかないうちに、

カーテンについて、


「まともな品が手に入るように」

願いながら、

現実をコントロールしたい思いで、

ホ・オポノポノをしていました。

 

そんな中で、

私は、カーテンの販売店さんに

状況を伝え、相談しました。


すると、販売店さんからは、


「カーテンを

 洗濯して見て下さい。」


とアドバイスを受けました。


私は、そのアドバイスに従い、

さっそくカーテンを洗濯しました。


しかし、そのカーテンの

焼け焦(こ)げた臭いは

全く無くなりませんでした。


私は、またがっかりしました。


ストレスレベルが一段

高くなるのを感じました。


そして、また不満や怒りの思いで、


「ちゃんと成果が出る対応を

 して欲しい!」と願いながら、


現実が変わることを
「期待」して、

ホ・オポノポノしました。


私は、また、もう一度、

販売店さんに連絡を取り、


提案してもらった洗濯をした

結果を説明して、

再度相談しました。


すると、今度は、販売店さんが、

そのカーテンを一旦預かって、


製造メーカーに送り返して、

製造メーカーさんが

特別な洗浄をしてくださる

ことになりました。


ここで、私は一安心しました。

「もう、これで大丈夫だろう。」


そう思いました。


私は、「これで、もう、新しい

カーテンに強い焼け焦げ臭がする

という異常な状態が終わるだろう」


この「期待」と共に

ホ・オポノポノしていました。

 

柴犬うみと家

 

そして、また、1週間後。

カーテンが戻ってきました。


その戻ってきたカーテンは

何も変わらず、元のまま、

強い焼け焦(こ)げ臭が

残っていました。


私はとてもがっかりしました。

そして、怒りを感じました。


「これだけの余分な時間と

 手間を掛けているのに、

 何も成果が手に入らないのは

 おかしい。」

 

「私はただ、焼け焦げ臭のしない

普通のカーテンが欲しいだけなのに、

 なぜ?そんな簡単なことが

 出来ないのだろう?」


このように強く感じました。


私は、また、


「こんなことは許せない!

 まともになって欲しい。」


この現実をコントロールしたい

思いでホ・オポノポノしました。


そして、メーカーから届いた

カーテンが、なんら変わらず、

焼け焦げ臭がすることを

販売店さんに連絡をしました。


販売店さんはそのカーテンを

確認するために、


自宅までカーテンを

引き取りにきてくれました。


そして、販売店さんから、

メーカーに再度掛け合って

下さるとのことでした。


私は、その結果の連絡が

販売店さんから来るのを待ちました。


3日もして、
販売店さんから

連絡が入りました。


そこで販売店さんから

伝えられたことは、


============


「そのカーテンの焼け焦(こ)げた

 臭いが普通のカーテンの臭いです。」


「そのカーテンの匂いは、

 製造工程で必ず付くものなので、

 取ることが出来ません。」


「そのカーテンを

 製造したメーカーは

 その焼け焦げ臭のする

 カーテンしか作ることが

 できません。」


============


まさかのこの内容でした。


私はびっくりしました。


 販売店さんの見解 

「そのカーテンの焼け焦げた匂いが

 普通のカーテンの匂いです。」


私の返答

私は、これまで、

何度もカーテンを購入した

経験がありますが、


購入したカーテンから

焼け焦げ臭がしたことは

1度もありません。


それに、私が同じタイミングで

(同じ販売店に)注文していた、


(焼け焦げ臭がするカーテンとは)

別のデザインのオーダーカーテンは、


別のメーカーだったせいか、

焼け焦げ臭などしない、

ごく普通のカーテンとして

届いていましたよ。

 

 販売店さんの見解 

「そのカーテンの匂いは、

 製造工程で必ず付くものなので、

 取ることが出来ません。」


私の返答

販売店に見本として

展示してあった、


同じメーカーが作った

同じカーテンは、焼け焦げ臭は

していませんでしたよ。

 

 販売店さんの見解 

「そのカーテンを

 製造したメーカーは

 その焼け焦げ臭のする

 カーテンしか作ることが

 できません。」


私の返答

「・・・・・・」


このような電話での

やりとりでした。


私は、販売店さんからの

説明に全く納得することが

できませんでした。


しかし、販売店さんの見解は、


その焼け焦(こ)げ臭のする

  カーテンは普通です。


の1点張りで、

話しは平行線のままでした。


いよいよ私は観念しました。

 

ここがポイント!


私は、何か、おかしなこと、

異常なことが起きている

ことに気が付きました。


この出来事のおかしさや、

異常さは、

===========


私が抱えている

「魂の負債」のせいだ!


===========


私はここで、

あらためてそのことを

思い出しました。


そして、今度は、


============


何も「期待」せずに、

状況が変わることを願わずに、


ただ、何も考えずに、

無心にクリーニングツールを


思い浮かべるやり方で、

ホ・オポノポノしました。


============


すると、私は、なぜか、

以前使ったことがあった、


「電解水」という

商品を思い出しました。


「電解水」は、油汚れをはじめ、

様々な汚れを落とす

(=クリーニングする!)

ことに使える便利な商品でした。


その「電解水」にはたしか、

消臭効果もあったはず。


私は、さっそくに

ア〇ゾンで「電解水」を

購入して取り寄せました。


注文した「電解水」は

すぐに届きました。

翌日の夕方には届いていました。

 

電解水写真
 < 私が購入した実際の電解水(「超電水」)>


私は届いた「電解水」を

さっそくにカーテンに吹き付けて、

一晩置いてみました。


そして、翌朝。


見事にカーテンの

焼け焦(こ)げ臭はまるで

無くなっていました。


あれだけ、洗濯しても

落ちなかったのに、

見事な効き目でした。


「電解水」は強アルカリ性

だったので、


焦げ臭さ=酸化作用=酸性

に作用して、見事に臭いを

中和してくれたようでした。


これで、私にあった以下の

ストレスフルな状況は、

消えて無くなりました。


<ストレスフルな状況>


<1>購入した

オーダーカーテンが

焼け焦(こ)げた臭いがする


<2>

販売店も製造メーカーも

その焼け焦げた臭いを

消すことが出来なかった


<3>

販売店も製造メーカーも、

カーテンを吊るした部屋が

焼け焦げ臭で充満してしまうような、


強く焼け焦げた臭いを放つ

カーテンが普通の状態で、

そのカーテンしか作ることが

出来ないと言い切る


<ストレスフルな状況、ここまで>


==============


私は、「期待」なく

ホ・オポノポノを実践したことで


上記のような異常で、

ストレスフルな状況と関わる必要が、

きれいさっぱりなくなりました。


私のストレスフルな日常は終わり、

私にはまた、自由で平和な

心が戻りました。


=============

 

柴犬・うみ丸まり画像
   <いつでも心が平和そうな?、うちの柴犬・うみ>


どうでしょうか?


「期待」せずに

ホ・オポノポノをすることの

大切さが伝わっていると、

うれしく思います。


次回は、私が大切にしている、

ホ・オポノポノの名言、


「クリーニングしていれば、

 溺れることはない。」


「クリーニング」とは、

 ホ・オポノポノを実践することの
 呼び名です。
「魂の負債」をクリーン(=消去)
 する意味です。


この言葉について、

また、私の事例を交えて

解説させて頂きます。


次回をお読み頂けると、

よりホ・オポノポノへの理解が深まり、


ホ・オポノポノをより

実践し易くなります。


その分、「魂の負債」を

減らすことがはかどります。


その結果、ストレスフルな

日常が、一つ、一つ終わり、

毎日に笑顔が戻ってきやすくなります。


それでは、次回もお楽しみに!

 

==============

ホ・オポノポノについて、

お電話や対面で、ご相談や
ご質問を受け付けています。

お客様と一緒にクリーニング
させて頂きます。

《 ご予約はこちらから 》

予約バナー

次の記事はこちらから

▶ 5:ホ・オポノポノで人生が変わる人、変わらない人

===============

>ひとつ前の記事に戻る
 「ホ・オポノポノで効果を
  得るためのたった一つのルール」

===============

>ホ・オポノポノ・シリーズの
 最初の記事へ

===============

お客様の声はこちらから

 

 

ページトップへ ページトップへ