▶3:人生を180度変えることができた秘密

 20年以上変わることが

 できなかったNさんが、

 1 年、6 回 

 変われた 秘 密

 

こんにちは!

 

心理カウンセラー

長谷川 貴士です。

 

 

10年、20年と心の苦しみや、

つらい症状を、解消できずに、

 

 

不調や不安を抱えながら

生活を続けてきた。

 

 

そのような方には、ぜひ、

この記事、このシリーズを

お読よみ頂ければと思います。

 

 

20年以上、カウンセリングなど

を利用して、自分の心の課題に

 

取組み続けるも、

 

残念ながら、

 

確かな成果を

得られずにいたNさん。

 

 

そのために心の苦しさや

両親との不仲に

 

向き合い続け、

 

10年間不眠や便秘に

悩まされてきたNさん。

 

 

この記事&シリーズを

お読み頂ければ、

 

そのNさんが

 

心の苦しさ、両親との不仲、

不眠、便秘、それらの苦しみから

 

解放されていった歩みと

その秘密を知ることができます

 

 

そのことで、

 

これまでにはなかった、

 

全く新しい希望が

手に入ると思います

 

 

 

木の小道

 

これから、Nさんの

 

 1 年間に

 6 回の私のカウンセリング

 

を利用された歩みについて、

 

カウンセリングの様子や

 

行ったワークの意味などについて、

詳細にお伝えしていきます。

 

今回はその 1 回目です。

 

これから、お伝えする内容は

多くの人にとっては、

 

馴染みのない、

 

初めて耳にするような

話しになるかと思います。

 

驚くこともあるかと思いますが、

全て実話です。

 

心理カウンセラーという

心の専門職の経験が

あればこそ、

 

お伝えすることができる

内容になっています。

 

私達の心の新しい側面に

触れる機会だと

思って頂ければと思います。

 

 

 Nさんの

 抱えていた課題

 

2014 2 月。

 

私との初めての

カウンセリングに

 

お越しくださったNさん。

 

表情は硬く、ぼんやりと

した印象でした。

 

Nさんは、

私と目を合わせることが

出来ませんでした。

 

 

Nさんからお伝え頂いた

 

カウンセリングを利用することで

改善を望まれているテーマは

 

以下の通りでした。

 

 

 

< 身 体 症 状 と 心 の 病 >

                                   

■  10 年間、安定剤と睡眠薬を
服用しなければ眠ることができない。


■  10 年間 便秘が続く。


■ 定期的に ヘルペス が発症して、

薬を服用しないと悪化。

 

< 悩 み > 

  
■ 周囲の評価で

自分の価値を決めてしまう。


■ 両親に始まり、特に男性から、

能無し扱いされている気がする。


■ 尊敬される大人になりたかったが

成れていないという後悔、自責の念。


■ 結婚出産できていないことへ

後悔と自責の念に囚われている。


■ 「男性にバカにされる」

それと「男性を軽蔑している」という

ブロックが、

心にかかっている気がする。


■ 「自分は欠けていたら安心」

「完璧になったら妬まれる」が、

何回カウンセリングを受けても、

取れてない感じがする。


■ 周囲の人たちから

(カウンセリングや

セミナーを利用しても、)


「Nさんは変わらないね」

ともよく言われ、

それがとても辛い。


■  仕事が落ち着かず迷っている


■ 自分の軸が欲しい

 

 

Nさんが改善を望まれている

テーマはこのように

 

多岐に渡っていました。

 

 

ですから、Nさんの心の

 

より根本からの癒しを

積み重ねることで、

 

 

より深く、より大きな変化を

得る必要があると感じました。

 

 

それには、

 

「 家族の中にある心の課題 」

 

から癒していく必要があります。

 

Nさんは、1年間で、

6回のカウンセリングを

ご利用頂いたことで、

 

「 家族の中にある心の課題 」

 

を一つ、一つ癒すことが出来ました。

 

その結果、

 

20年以上得られなかった、

 

 変化を得て、

 

悩みや苦しみを解消されました。

 

これが、Nさんが人生を

180度変えることができた秘密です。

 

 

 家族の中にある心の課題が

 心身の不調や つらい症状を

 生む 仕組み

 

Nさんからお話を伺うことで

見えてきた、

 

Nさんが抱えていた、

「家族の中にある心の課題」は、

 

以下の通りでした。

 

 

■ Nさんの弟の流産

■ 父親の姉が幼少期に死亡

■ 母親の兄が幼少期に事故死

■ 母親の母は戦争未亡人として、

    女手一つで家庭を支え続ける

■ 父親妹の娘(従妹いとこ)の自殺

 

 

このような家族が経験した

出来事の「記憶」と

 

私達の心は、潜在意識の部分

で「共鳴」しています。

 

 

このために、上のような

出来事と、

 

その出来事が作り出した

ショックや感情は、

 

家族同士の心の中で

共有されています

 

そして、

 

「家族の中にある

(共有された)心の課題」

 

となります。

 

 

さらに、私達には、

 

「家族への隠れた愛」

 

あります。

 

普段、意識では気が付いていない、

 

自分とつながる家族への

沢山の が、

 

私達の潜在意識には隠れています。

 

 

そのために、

 

「家族の中にある心の課題」を

 

私達は潜在意識の中で、

 

無視することができません。

 

 

ですから、

 

「家族の中にある心の課題」に

 

無意識のうちに、

協力しようとし続けます。

 

この「家族への隠れた愛」

 

から無意識の内に持つ

 

この隠れた欲求は、

 

常に個人の意志より強力です

 

 

このために、

 

自分の人生を生きることより、

 

無意識の内に、

 

 

「家族の中にある心の課題」

協力することを優先します

 

 

そのために、人生が、

自分の意識で思い描いている

ものとは

 

ウラハラな状況になっている

ことも少なくありません。

 

 

「家族の中にある心の課題」に

協力するために、

 

自分の思いや理想とは、別な行動を

無意識の内に選んでしまいます。

 

 

ここで、分かり易い

実際にあった例をあげます。

 

 

とある女性のケース

 

ある女性は、お母さんと

二人暮らしでした。

 

その女性は、

母親と二人で暮らす家を出て

一人暮らしを望んでいました。

 

母親とは同じ家に

暮らしていても、

 

話すこともほとんどなく、

 

話してもケンカになるばかり

とのことでした。

 

その女性はお仕事も

されていて、

 

経済的には一人暮らしを

するのに十分な収入が

ありました。

 

しかし、夫を失っている

母親を一人にすることに

ためらいがあり、

 

20年近く、家を出ることを

あきらめ続け、

 

結婚も考えられないという

心理状態でした。

 

この例では、

 

夫を失ない、かたくなに

なってしまっている

 

母の心情が、

 

「家族の中にある心の課題」

 

となっています。

 

そして、その母の娘さんは、

 

一人暮らしをしたい、

結婚をしたい、と望む思いとは

 

ウラハラに、

 

「家族の中にある心の課題」

 

に協力するために、

 

母のもとを離れず、

 

家を出る事や、

結婚という選択肢を

 

無意識の内に

自分に禁止しながら、

 

20年以上生きて

来られていました。

 

< 後 日 談 >

 

この女性は、

私のカウンセリングを

 

2 回 利用されたことで、

 

家を出て、念願の一人暮らし

が出来るようになりました。

 

そして、その方が、より

母親とも仲良くなれたそうです。

 

( 事例ここまで )

 

 

「家族の中にある心の課題」

 

元になっている、

 

家族にショックを与えた

出来事は、

 

すでに過去のことに

なってしまっていることが

ほとんどです。

 

 

Nさんのケースでも、

そうでした。

 

 

ですから、今を生きている

私達には

 

過去のことについては

どうすることも出来ません。

 

 

このために、

 

「家族の中にある心の課題」に

ついて、

 

「家族への隠れた愛」

よって関りを深めようとすれば、

するほど、

 

 

その課題について、自分が

 

ほとんど何も役に立つことが

できない状況が生まれます。

 

 

心の傷に苦しむ家族を

見てるだけしかできない

 

自分に気が付きます。

 

 

誰の助けにも

なることができない

 

自分に気が付きます。

 

 

そして、自分だけが

無事な人生を続けていることに

 

「罪悪感」が生まれます。

 

 

「罪悪感」は自分に

 

罰を与えることを要求します。

 

 

そのために、

無意識の内に、

 

自己処罰

自分に与え始めます。

 

そして、自己処罰として、

 

本来なら自分に許されている、

 

幸せや、温かさ、

 

つまり、

 

自分の能力や才能を

存分に活かすことや、

 

家族や友人との

暖かな繋がりから

 

無意識の内に自分を

遠ざけてしまいます。

 

 

この仕組みによって

私達の人生に生み続ける

 

心の苦しみや、

 

ストレスが、

 

心身の不調や

つらい症状が生まれる

 

根本の仕組みです。

 

 

とある女性のケース再び

 

先ほど、例に上げ

させて頂いた女性も、

 

夫を失っている母親の心情を、

自分の存在では

 

埋め合わせることが

できていない、

 

母親は、自分がそばに居ても、

居続けても、

 

いつまでも、不機嫌で、

かたくななまま。

 

この状況への「罪悪感」から

自己処罰として、

 

自分が自由になること、

 

結婚に心を向けて進むことを

 

自らに禁止していました。

 

( 事例ここまで )

 

 

このような仕組みの

影響力から、抜けだして、

 

本来の自分や、

家族との繋がり、

を取り戻し、

 

将来への希望を

取り戻す道を歩まれた、

 

Nさんの初回のカウンセリングの

様子は以下の通りでした。

 

 

 1 回目のカウンセリング

 

Nさんからご希望やお話しを

伺った結果、

 

Nさんの心が共有している、

 

「家族の中にある心の課題」

 

の一つから目を向けることに

なりました。

 

 

< 1 回目 で 取組んだ

「家族の中にある心の課題」

 

父の姉が幼少期に

亡くなってしまったことからの

影響について。

 

 

< ワークの経過 概観 >

 

ワークを始めてみると、

すぐに、

 

Nさんが自分の感情を

ほぼ感じることができない

 

状況であることが

分かりました。

 

 

ワーク中、イスで見立てた

父・母を見たくない気持ちが

ありました。

 

しかし、

 

背を向けることも、

また出来ない。動けない感じ。

 

この葛藤が現れてきました。

 

そして、

 

Nさんは、部屋の外に出て行って

しまいたい衝動を感じ始めました。

 

 

その後、ワークを進めて行く中で、

 

Nさんは、怒りを感じ始める

ことが出来るようになりましたが、

 

それを表現してしまうと、

 

「卒倒して意識を無くして

倒れてしまいそう」

 

な感じがして、

 

怒りを十分に表現するまでは

できませんでした。

 

 

 < ワークの解説 >

 

■ 「自分の感情を

ほぼ感じることができない」のは、

 

「家族の中にある心の課題」

 

深く関係している、

 

家族のメンバーの「記憶」

 

強く「 もつれ 」て

しまっている時に

 

多い症状です。

 

家族のメンバーの「記憶」と

強く「 もつれ 」てしまうことで、

 

自分の心の大部分が

 

自分が潜在意識で「もつれ」て

しまっている

 

「記憶」の持ち主の心に

なってしまいます。

 

そのために、自分の心を

失ってしまいます。

 

そして、自分の感情が

分からなくなります。

 

 

■  ワークの中で、お客様に、

 

「部屋の外に出て

行ってしまいたい衝動」が

 

あらわれてくることがあります。

 

それは、自分の

「生」を否定するために、

 

「死」へと向かいたい衝動が

 

心の中にあることの

あらわれなことが多いです。

 

 

そこで、私は、

 

Nさんに、試しに、

イスであらわしている父親へ、

 

 

「 たとえ、あなたが

行っても私は残ります。」

 

 

これを伝えてもらうことを

提案しました。

 

結果、

 

Nさんは、これを

言うことが出来ませんでした。

 

そして、Nさんは、私の提案に

ただ、涙を流されるばかりでした。

 

 

では?なぜ、Nさんは、

イスであらわしている父親へ、

 

「 たとえ、あなたが 

行っても私は残ります。」

 

これが言えなかったのか?

 

Nさんは、なぜ涙を流し始めたのか?

 

次回に続きます。

 

> 次の記事はこちらから

▶4: 子供の「愛」が導く自己犠牲

 

お客様の声はこちらから

ページトップへ ページトップへ