▶【感情③】関係性を破壊する「怒り」の正体

 

こんにちは!(^^)

 

 

心理カウンセラー

長谷川 貴士 です

 

 

腹が立って、腹が立って

 

仕方がない、

止めようがない。

 

 

怒りに震えるぐらい全身で

反応してしまっている。

 

 

このような怒りは、

 

純粋な「怒り」では

ありません。

 

 

純粋な「怒り」とは、

私達が自分の身を守る

 

ためにある感情です。

 

 

しかし、怒りで

頭に血が昇ってしまって、

 

冷静さを失ってしまうなら

 

逆に自分の身を危険に

さらしてしまいます。

 

 

ですから、熱くなって

しまう怒りは

 

純粋な怒りではありません。

 

 

「混じった怒り」です。

 

悲しみの混じった怒りです。

 

 

この「混じった」

怒りを感じる時、

 

冷静さを失ってしまうのも、

無理のないことなんです。

 

 

混じった怒りの背景には

いつでもがあります

 

 

「混じった」怒りは「愛」が

 

裏切られと感じられた時

悲しみ」が混じった怒りです。

 

 

そして、その「愛」は

 

多くの場合「母親」への「愛」

につながり、重なっています。

 

 

「私は子供の頃に

 お母さんからの関心や

  「愛」を

 

自分の期待した通りには

 

十分にもらうことが

できなかった!」

 

 

この子供から母親への

「愛」の期待が裏切られた

 

の「悲しみ」と「怒り」が

 

「混じった怒り」の正体です。

 

 

そして、「混じった怒り」が

癒されないままあると、

 

 

悲しみ」は「執着」に、

 

怒り」は 過剰な期待」に

 

変わってしまいます。

 

 ここがポイント!

 

ですから、

 

私達が、「混じった怒り」に

とらわれてしまっているとき、

 

 私たちの心は

 

 小さい子供が

 

 この世で唯一の

 自分のお母さんを

 

求める必死な気分に

なってしまいます。

 

 

「執着」と

 過剰な「期待」で

 

一杯になって

しまっています。

 

 

このような多分に

 

「悲しみ」を含む

「混じった怒り」は

 

 

純粋な「怒り」ではなく、

 

 

相手に自分の思いを

伝えることができません。

 

 

「混じった怒り」は

 

子供っぽい「執着」と

過剰な「期待」から

 

できているので、

 

怒っている相手への

敬意と尊重を欠いています。

 

 

そのために、相手を

困惑させてしまいます

 

 

 

純粋な「怒り」は

 

相手への尊重や敬意を

欠くことがありません。

 

頭に血が上ることも

なければ、

 

冷静さを

失うこともありません。

 

 

そして、

 

その純粋な熱量の高さ

から、相手に自分の思いを

 

十分に届けることが

できます。

 

 

このように、

 

「怒り」の感情や、

エネルギーは

 

コミュニケーションの要です。

 

 

これが、「純粋な怒り」と

「混じった怒り」の違いです。

 

 

「混じった怒り」つまり、

 

頭に血が上り、

冷静を失う怒りは、

 

「悲しみ」が混じった

不純な「怒り」です。

 

 

自分の「悲しみ」を

相手に

 

ぶつようとする時の

「怒り」です。

 

 

相手に自分の「期待」通りに

振舞ってもらいたいことへ

 

「執着」しているときの

「怒り」です。

 

 

そして、これは

高い確率で、

 

自分のお母さんへの思いが

満たされていないことへの

 

「悲しみ」が

 

「執着」や過剰な「期待」に

カタチを変えて、

 

噴出している状態です。

 

 

自分の母親が

 

自分の期待通りでは

なかったことに対しての

 

「悲しみ」の表現を

 

母親ではない人に

ぶつけてしまっています。

 

 

ですから、このような

混じった「怒り」は

 

母親との関係性に

注目するカウンセリングで

 

解消していくことが

できます。

 

 

今回は、「怒り」の中でも

 

混じった「怒り」を

中心にお伝えしました。

 

 

次回は、純粋な「怒り」に

ついて、お伝えします。

 

純粋な「怒り」を使える

ようになると、

 

人間関係は本当に

円満になります。

 

 

また、次回もどうぞ

お楽しみに(^^)/

 

> 次の記事はこちら ↓

▶【感情④】「怒り」で人間関係はうまくいく?

ページトップへ ページトップへ