▶【感情⑥】恐れと不安はどこからくるの?

 

こんにちは!

 

心理カウンセラー

長谷川 貴士です。

 

 

将来のことを

考え始めると

 

不安でたまらない。

 

 

お金のこと。

 

恋愛の行方。

 

仕事の先行き。

 

地震などの災害。

 

社会動向や

日本の政治。

 

果ては、

 

地球環境まで。

 

考え始めると、

怖くてたまらない。

 

 

不安や心配に

息苦しくなる事柄は

 

人それぞれですが、

 

 

このような症状を

おもちな方々も

 

少なくありません。

 

 

 

カウンセリングで

その背景を探ってみると、

 

このような症状を

持つに至った

 

理由や原因は

その人それぞれです。

 

 

 

ですけれども

大きく分類するなら、

 

原因は、以下の4通りに

分類することができます。

 

 

<主な原因>

 

 

①トラウマ体験が

十分に癒されていない

ために、

 

心の中に、怖さが

たまっている。

 

 

②母親との間に

心理的葛藤があり、

 

生きていることへの

安心感が不足している。

 

 

③父親との間に

心理的葛藤があり、

 

自分への信頼(自信)

が不足している。

 

 

④心の中に怒りのガマン

がたまっているが、

 

怒ることができない

性格のために、

 

強く心配や不安に

なることで、

 

周囲に自分の抱えている

 

怒りやストレスを

伝えようとしている。

 

 

この原因に対しての

 

主な解決方法は

以下の 3通りです。

 

 

< 解決方法 >

 

①強い恐れや不安と

結び付いている

 

トラウマや

過去の体験を癒す。

 

癒されることで、

不安や恐れなどの

 

悪い想像をしなくなる。

 

 

②母親との間にある

心理的葛藤を手放す。

 

そのことで、

安心感を増やす。

 

 

③父親との間にある

心理的葛藤を手放す

 

そのことで、

本来ある自分の力、

 

大人の対応力を

取り戻す。

 

 ここがポイント!

ここで、一つ注意が

必要なのは、

 

 

私たちは

 

家族の「記憶」と

 

潜在意識で

 

共鳴している、

 

 

このことです。

 

 

ですから、

 

 

自分の人生に

トラウマ体験や

 

両親との葛藤が

なくとも、

 

 

自分の家族に

トラウマ体験や

 

両親との葛藤が

あった場合には、

 

 

私たちも

 

その家族の

 

経験からの影響と

 

無縁ではない。

 

このことです。

 

 

つまり、家族の経験に、

 

私達の心が共鳴することで、

 

私達が不安になる。

 

このようなことも

現実に起きています。

 

 

 

このために、

 

不安や恐れを始め、

 

私たちの

心理的な課題は

 

 

私たちの意識できる

部分だけでは

 

解消できないことが

とても多いです。

 

 

つまり、

 

 

頭で考えても、

 

手も足もでない。

 

 

こんなことも多いです。

 

 

逆に頭で考える、

 

言葉で思考して

 

原因を解明しようと

するならば、

 

 

心の課題が余計に

こんがらがって、

 

 

難しいものに

なってしまうことも

 

しばしばです。

 

 

もし、

 

お金、恋愛、仕事、

将来に対して、

 

 

もし、

 

自分には強すぎる

不安があると

 

感じられている方が

ありましたら、

 

 

ぜひ、一度、私の

カウンセリングを

 

ご利用下さい。

 

 

根本原因からの

不安解消をお手伝い

いたします。

 

 

お一人で悩むと

 

苦しくなるばかりの

こともあります。

 

 

そんなときの

 

カンタンな対処療法も

ご紹介しておきますね。

 

 

<不安への対処療法>

 

 

①不安が実現したときの

最悪な事態を具体的に

考える。

 

 

②その出来事が起こる

可能性を自分にたずねて

みる。

 

 

③もし、不安が

実現したときには、

 

自分に何ができるか

具体的に考える。

 

そして、そのための

準備を始める。

 

 

これは紙に書き出し

ながら取り組まれることを

 

おすすめします。

 

 

不安な想いを

外に出すことで

 

自分の不安を客観的に

見ることができる効果が

あります。

 

 

これは、私も20年以上

前から使っている、

 

昔からある、

伝統的な手法ですので、

 

 

不安や恐れが強くなった

時には、ぜひ使って

 

みてくださいね。

 

 

しかし、これは、あくまで

対処療法ですので、

 

潜在意識から癒されて、

 

根本からの解消を

望まれる方は、

 

お力になります。

 

私のカウンセリングを

ぜひ、どうぞ。

 

 

はい、これで、

感情シリーズは

 

ひとまず終了です。

 

次回は、

 

感情シリーズを

お読み頂いたことで

 

得られている学習効果を

高め、定着させることが

 

できるように、

 

【まとめ】を

お送りします。

 

怒り、悲しみ、

恐れ・不安、

 

 

私たちにとって

 

身近なこれらの感情

とは

 

 

私たちにとって

 

どんな力を与えて

くれるものだったのか、

 

復習してみましょう。

 

 

また、次回も

お楽しみに(^^)!

 

> 次の記事をこちらから

▶【感情⑦】効用と癒しのまとめ

ページトップへ ページトップへ