▶【罪悪感2】罪が生まれる時

 

 

こんにちは!

 

心理カウンセラー

長谷川 貴士です。

 

 

「自分は悪いことを

してしまった。」

 

 

こう感じるときに、

 

心に「罪悪感」を

持つと思います。

 

 

 

それでは、

 

「自分は悪いことを

してしまった。」

 

 

とはなんのことでしょうか?

 

 

これは、実は、

 

 

「自分はルール(や規範)を

破ってしまった。」

 

 

この意味です。

 

 

ルールや規範、

 

つまり、

 

 

何がして良いことで、

 

何がしてはダメなのか?

 

 

このようなルール、

 

つまり、

 

善悪の基準

 

無ければ、

 

 

良いも、悪いも

 

存在しないからです。

 

 

 

例えば、タバコ、喫煙。

 

 

30年前には、

 

お店でも、路上でも、

今より至るところで、

 

タバコを

吸っている方が

 

多かったように

記憶しています。

 

 

しかも、喫煙者の方々は、

 

堂々と、

少しも臆することなく、

 

喫煙されていたと思います。

 

 

 

ですけれども、

 

30年前から時代は進み、

 

タバコの煙の害が

 

喫煙習慣のある

本人だけなく、

 

周囲にもけっこうある。

 

 

 

このことが広く知られる

ようになってからは、

 

 

様々なルールが増えて、

 

喫煙が「悪」と

 

見なされる場所や機会が

増えてきました。

 

 

ですから、

 

喫煙習慣がある方々が、

 

 

(喫煙者の自分は、)

「肩身が狭いよ」

 

 

こう言われているのを

度々聞いたことがあります。

 

 

 

肩身が狭い、とは、

 

身を潜めなければ

ならない感じがしている。

 

わけで、

 

堂々とはしていられない。

 

ということで、

 

喫煙が周囲にとって、

悪いことと自覚している。

 

もしくは、

 

周囲からは喫煙が悪だと

思われていても

 

それに反論できない。

 

この心理状態であることが

分かります。

 

 

このために、喫煙習慣が

ある方々も、

 

この頃は、自主的に、

 

ほぼ無煙の電子タバコを

 

選ばれて居る方も

増えていますね。

 

ここで、

紹介させて頂いた、

 

「肩身が狭い」も、

「電子タバコ」も、

 

やや大げさですが、

 

これは、喫煙者の方々の

「罪悪感」の表れとも

 

言えるでしょう。

 

 

 

このように、

 

社会のルールや、

 

個人の規範が変わると、

 

それに合わせて、

 

善悪の基準が変わります。

 

 

かつては、

「悪」でも、「罪」でも

なかった、

 

公共の場での喫煙が、

 

ルールや、

規範(モラル、マナー)が

変化したことで、

 

「悪」や「罪」になりました。

 

 

ですから、

 

何が善で、

 

何が悪か?

 

つまり、

 

何に「罪」を感じて、

 

「罪悪感」を

 

心に抱えるかは、

 

それぞれの人や、社会が

 

その時に持っている

 

ルール次第、

 

こう言えます。

 

 ここがポイント!

――――――――――――

 

「罪悪感」は

 

ルールがあるところに

 

生まれる。

 

――――――――――――

 

 

一言で言ってしまえば

これだけなのですが、

 

 

この「ルール」が曲者です。

 

 

というのも、

 

 

私達は心の中に、

 

言葉になっていない、

 

膨大な量のルールを

 

抱えているからです。

 

 

それは、

 

無自覚な好みや

こだわりとして、

 

かいま見ることが

できるようなものです。

 

例えば、

 

結婚したなら、

 

女性がご飯をおいしく

作らなければならない。

 

だから、

 

料理が苦手な自分は

ダメで、

 

「悪」で、

 

「罪」

 

 

このようなルールや

基準を抱えられていたので、

 

結婚に対して

前向きに踏み出せない、

 

自分に自信が持てない。

 

こんな無自覚な思いを

抱えていた方が

 

実際にいらっっしゃいました。

 

 

 

こんな感じなので、

 

自分がどんなルールに

 

縛られているのか?

 

 

私達は自分のことさえ、

 

ほとんど分かっていません。

 

 

このために、

 

何を「罪」に感じて。

 

「罪悪感」を抱えることに

 

なるかは、

 

本当に人それぞれだし、

その当人でさえも、

 

自分が「罪悪感」を

抱えていることに

 

ほとんど

気が付いていません。

 

 

この自分でも見えない、

 

自分の「罪悪感」や

 

ルールに

 

自分で

 

その、ある、なし、に

 

気が付ける時が

あります。

 

 

 

それは、

 

 

自分にもできても

良さそうと思えることが、

 

 

なぜか?理由が

分からないけれど、

 

自分にはできない時。

 

 

その裏には、

 

その理由として、

 

「罪悪感」とルールが

 

あることが多いです。

 

 

それは、

 

「罪悪感」は

 

「幸せへのブレーキ」

 

であり、

 

「マイナス方向への

 ベクトル」

 

だからです。

 

 

なぜ?そう言えるのか?

 

次回は、

 

自分に、幸せになるための

二の足を踏ませて、

 

足踏みさせて進ませない、

 

「罪悪感」について、

 

より詳しくお伝え

していきますね。

 

 

次回もお楽しみに(^^)/

 

> 次の記事はこちらから ↓

▶【罪悪感3】 幸せへのブレーキ

お客様の声はこちらから

ページトップへ ページトップへ