▶【Q&A】価格や利用回数の目安について

クリックありがとうございます!

お客さまから、次の2つ

ご質問を頂くことがよくあります。

 

==< ご質問 >======

 1:価格について

 2:利用回数の目安ついて

==============


今回は、こちらのご質問に

答えさせて頂きます。

ご参考にして頂ければ

うれしく思います。


心理カウンセラー

長谷川 貴士です。

 

柴犬うみと花のイラスト

 

【Q1】: 価 格 について

 

カウンセリング&ワークの

価格の根拠となっている、

1:提供サービスの特徴 と、

2:ワーク(心理療法)の

現在の価格相場(2019年10月)

についてお伝えします。

 

1:提供サービスの特徴


《 心理カウンセリング 大阪・箕面 》
では、

お客様の悩みや、心の課題の解消を

カウンセリングワーク(心理療法)

提供させて頂くことを通して、

サポートしています。


< 提供サービス >
について、

簡単にご説明させて頂きます。

まずは、お客様からよく頂くご質問から。


Q:カウンセリングと
ワーク(心理療法)

       の違いはなんですか?


■ カウンセリング

→ お客様からお話を伺う


■ ワーク(心理療法)

→ 悩みや、心の課題を解消するために、

 お客様が自分では気が付くことの

 できない、深層心理にある、

 悩みや問題の根本的な原因に

 アプローチします。


ここで、

カウンセリングとワーク(心理療法)

の違いについて、

より明確に分かるためのヒントとして、

 

モニターカウンセリングを

利用してくださったお客様の事例を

紹介させて頂きます。

 

< お客様の事例 >======


そのお客様は、パートナーシップ、

仕事、将来などに悩みや不安を抱え、

様々な生きづらさを感じていました。


そのために、2、3年の間に

 40~50 回 のカウンセリングを

継続して利用されていました。


そんな時に、今、利用している

カウンセリングの他にも、


自分の生きづらさの解消に役立つ

サポートを探されていました。


そして、

私のカウンセリング&ワークを

見つけてくださり、

利用してくださいました。


そのお客様が、私の

カウンセリング&ワークを

 2 回 利用された後に、

以下のようなお声をくださいました。

 

「長谷川さんの

 カウンセリングとワークを

 2 回 利用して得られた変化は、

 

 これまでカウンセリングを

 40~50回利用してきて

 得られた変化よりも大きいです。」


このように教えて下さりました。

( 事例紹介ここまで )

==============


このお客様の事例は、

少し極端な事例かも知れません。


しかし、カウンセリングと

ワーク(心理療法)との違いを

分かり易く表す事例でしたので、

お伝えさせて頂きました。


カウンセリングでは、

お客様が自分で意識出来ている

ことを言葉にして相談します。


ワーク(心理療法)では、

お客様が意識できていない

深層心理の想いや、


言葉にならない感覚などの

ケアや、癒し、解消などを

サポートすることができます。


私達の悩みの根本的な原因は、

言葉にならない感覚や、

深層心理にある隠された想いに

あることも多いです。


そのために、

《 心理カウンセリング 大阪・箕面 》では、


カウンセリングにとどまらず、

ワーク(心理療法)を行い、


カウンセリングだけでは、

見つけることができない、


心の深い部分にある

悩みや問題の根本原因の

ケア、癒し、解消をサポート

させて頂いています。

 

柴犬うみと竹

 

2:ワーク(心理療法)の価格相場

 

《 心理カウンセリング 大阪・箕面 》

《 基 本 》のメニューは、

 120分のお時間で、

カウンセリング&ワークを

ご利用頂くメニューです。


価格は、2万2千円(税込)です。


大阪や神戸で利用できる、

ワーク(心理療法)の価格としては、

平均的か、やや低めの価格設定と

させて頂いています。


大阪や神戸でワーク(心理療法)を

提供している他社様の価格の一例を

以下に紹介させて頂きます。


< 他者様の心理療法の価格 >

※1( 2019年10月調べ )
※2 価格の比較がし易いように、 
     120分の時間に換算しています。

1:<O社様> 21,100円

2:<P社様> 22,000円

3:<W社様> 26,400円

4:<K社様> 26,400円

5:< A社様> 26,600円

6:<M社様> 32,000円

7:<U社様> 32,000円

8:<S社様> 44,000円

9:<Z社様> 50,000円


※ 9社様平均価格 約 31,200


《 心理カウンセリング 大阪・箕面 》

のワーク(心理療法)の提供価格、

 2万2千円(税込)は、


大阪・神戸で利用できる、

ワーク(心理療法)の提供価格の

中では低めの価格に位置しています。


しかし、以下の特徴があり、

ワーク(心理療法)の品質としては、

万全を期したものを

提供させて頂いております

 

《 心理カウンセリング 大阪・箕面 》

の カウンセリング&ワーク の 特 徴


1:カウンセリング提供実績

  4000時間以上


2:心理職の国家資格

 「公認心理師」試験 合格カウンセラー


3:国内のみならず、海外に渡航しての

  研修実績(ドイツ、台湾)


4:カウンセリング&ワーク(心理療法)の

  トレーニングプログラムを

  延べ80名以上に、講師として提供

 

5:1日のカウンセリング提供人数は

  2名様まで。(※出張時で3、4名様まで)

  お一人、お一人との1回1回の

  カウンセリング&ワークにベストが

  尽くせるよう、十分に余裕を持った

  スケジュールを設定しています。


ワークの品質については、

以下のページの


■ 「お客様の声」 や


モニターカウンセリング

利用者様の、

実際のカウンセリングの

様子を紹介している

■ 「ブログ記事」 から


ご確認頂ければと思います。


■ 「お客様の声」

お客様の声はこちらから


■ モニターカウンセリングの
「ブログ記事」

▶ 効果が出るまでの期間、回数が10分の1以下で済む理由

※私の提供するカウンセリングを利用して
くださったことで、一般的なカウンセリングを
利用した場合に比べて、効果が出るまでの
期間と回数が10分の1以下で済むことに
なった、
実際の事例を紹介しています。

 

< 他の専門的サービスとの比較 >


ワーク(心理療法)は、

お客様が抱える悩みや、問題の、

自分では気が付くことのできない、

深層心理にある、

根本的な原因にアプローチする、

専門性の高いサービスです。


心理療法(ワーク)のように、

お客様が自分一人では

出来ないことをサポートする

専門性の高いサービスの

提供価格の一例をご紹介します。

 

<他の専門性の高いサービスの

 提供価格の例>

※価格の比較がし易いように、 
 120分の時間に換算しています。


1:ピアノの教室(大人向け)

  個人レッスン1回 2万2千円


2:ヴォイストレーニング(大人向け)

  個人レッスン1回 2万1千円


3:英語の発音教室(大人向け)

  個人レッスン1回 2万1千円


4:学習塾(大人向け)

例;企業で必要となる数学指導(統計など)

  個人指導1回 2万7千円


5:鍵の出張修理(部品代別)

  1回 3万2千円


6:水道の出張修理(部品代別)

  1回 4万円~10万円以上

  ※大手の会社様の見積もりです。


※5と6は私の実体験です。

※6の水道修理は、2回機会があったのですが、
どちらも、
結局は、上記価格のお見積もりを
頂いた大手の会社様は利用せず、
知人の知人にお願いして、上記よりも
良心的な価格で、1
時間もかからず、
修理することができました。


上記の鍵の修理の専門家の方が、

見積もりを出して下さった時に、

以下のように教えて下さりました。


「専門家に1時間働いてもらおう

 と思ったら、少なくても、

1時間当たり1万6千円(税込)以上

( 120分・3万2千円(税込)以上 )

 は必要ですね。」


この鍵屋さんが

言われている価格相場が、

「自分ではできないことを

 サポートしてくれる」

専門性の高い専門家が提供する

サービス(心理療法含む)の、

日本でのおよその価格相場のようです。

 

柴犬うみと草

 

【Q2】:利用回数について

 

利用回数はお客様それぞれです。

その利用回数については、

主に以下の2点が重要な要素となります。

 

1:お客様の抱えているもの

 (=悩みの深さ)

 

2:お客様が成りたい状態

 

この2点が利用回数を

左右する重要な項目です。


分かり易くするために、

数値化した例です。

< 例 >

1:お客様が抱えているもの

 ( 悩みや問題の深さ )

Aさん:-50ポイント

Bさん:-50ポイント

Cさん:-100ポイント


2:客様が成りたい状態

Aさん:+50ポイント

Bさん:+100ポイント

Cさん:+50ポイント


■ Aさんが望む変化の量

-50 → +50 = 変化の量 +100

■ Bさんが望む変化の量

-50 → +100  = 変化の量 +150

■ Cさんが望む変化の量

-100 → +50 = 変化の量 +150


この数値化した例のように、


AさんとBさんは、

同じ悩みの深さ(-50)ですが、


成りたい状態に差があるので、

Aさん:+50

Bさん:+100


望む変化の量に差がでます。

Aさん:+100

Bさん:+150


この望む変化の量を作るために

必要となる、利用回数にも

差が出ると思います。

 

Aさんと、Cさんは、

成りたい状態が同じ(+50)ですが、


利用前の、悩みの深さに差があるので、

Aさん:-50

Cさん:-100


同じ状態(+50)になるために

必要な変化の量にさがあります。

Aさん:+100

Cさん:+150


この差の分、利用回数にも

差が出ると思います。

 

この数値の例を、

ダイエット(体重の減量)で

想像してみてください。


ダイエット(体重の減量)では、


1:始めの体重(抱えている体脂肪の量)と、

2:目標体重 がありますね。


この1:始めの体重

(抱えている体脂肪の量)と、


2:目標体重(成りたい状態) 


の差が
小さければ、

ダイエットの努力や期間は

少ないかも知れませんし、


逆に、差が大きければ、

ダイエットの努力や期間は

多くなるかも知れません。


体重53キロから

3キロ痩せて、

50キロに成りたいのと、


体重70キロから

20キロ痩せて、

50キロに成りたいのでは、

努力の量と期間に差があるかと思います。


カウンセリングとワーク(心理療法)を

利用する回数も、

このダイエットと似ています。


深層心理に抱えている

悩みや問題の根本原因が、

どれだけの量なのか?


その原因の量をどれだけ解消して、

どのような状態を目指すのか?


このお客様の

ご利用前の心理の状態と、


望まれている

成りたい状態との「差」が

利用回数を決める大きな要素です。


そして、

お客様のご利用前の心理の状態や、

望まれている成りたい状態は

お客様お一人、お一人、

それぞれに違います。


このために、利用される回数も

お客様お一人、お一人、

それぞれに違うものとなります。

 

柴犬うみと家

 

< 利用回数の目安 >


カウンセリング&ワークの

利用回数の目安としては、

まずは3~6回の

ご利用を目安にされて下さい。


しかし、試しに1度利用されて

みた後で、様子を見ながら、

次のご利用を決めて頂くことも

少なくありませんし、


お客様の状態や

解消されたい内容によっては、

1、2回のご利用で、

お客様がご満足いただける状態に

変わられることも少なくありません。


1~2回目のカウンセリング

とワークを利用して下さった時点の

お客様の声を下のリンクのページに

まとめてあります。


お読み頂き、参考にされて下さい。

▶ お客様の声<1,2回目利用時>

==============
> メニュー / アクセスページ へ
==============

お客様の声はこちらから

ページトップへ ページトップへ