▶ 自分の奥底での変化が継続していく手応えがありました

◇ お客様の声12

◇ 東京在住・女性・S.S様

◇ 3回目の利用後の声

 

<S.S様の声ここから>

 

最近、自分のこれまでの

人生(価値観・仕事への意欲・人間関係)が

しっくりこなくなってきた感じがある一方で、

 

これから何をしたいのかという

自分の気持ちもわからず、

 

どこに向かって進んだらいいか

迷いが次第に大きくなっていました。

 

また、常に矛盾した気持ちが

心の中で闘っている感覚があったのですが、

 

習慣になってしまっている自分の考え方では

混乱を生んでいる原因を突き止めることができず、

 

自分の傾向や癖に気づく

サポートをしていただければと思い、

 

長谷川さんの心理カウンセリングを

利用しました。

 

お会いする前から、

メールカウンセリングを通じて、

 

長谷川さんの質問に答えていく中で、

現在の自分の課題について

考えるヒントをたくさん与えていただき、

 

「人生全般に迷いが生じている」という

漠とした状況の中から

 

具体的な課題を拾い出し、

セッションの前に自分の中である程度、

ワークしたい問題点を整理することが

できたと思います。

 

◇ ◇ ◇

 

特に、最近経験したある人間関係では、

自分の気持ちに正直に行動したにもかかわらず、

 

相手にとっても自分にとっても

不愉快な結末を迎えることが多かったのですが、

 

同時にその関係がうまくいかないことに対し

ほっとする部分も大きかったことを

長谷川さんにお伝えすると、

 

「幼少期に形作られた「心の型」があると、

  判断力に狂いと曇りが生まれ、

 何が何やら気付かぬうちに、

イヤな結末を迎えてしまいます。

 

心のどこかでは、うまくいかないことが

痛いほど分かっている部分があり、

 

また、心の別のところでは、それでも、

その結果に突き進まなければ

気が済まない部分(=心の型)もあります」

 

というお返事をいただき、

正直ドキッとしました。

 

上記の関係において 

「この関係はうまくいかない」という

 

「心の型」で固定化された結末感情を

繰り返し感じている自分に対する実感が、

確かにありました。

 

セッションでは、この点を

掘り下げてご相談できたら、と考えました。

 

◇ ◇ ◇

 

初回と、2回目のカウンセリングでは、

何が自分の「心の型」で、

どのように形作られたかということを、

 

家族関係のダイナミズムの中で

体験していくセッションを行いました。

 

自分の中では家族関係に

特に問題はないと思っていたので、

 

セッションの中で最初に

家族に重点が置かれたことは

意外だったのですが、

 

ワークの中で自分でも

気づかない感情や幼少期の記憶が

どんどん出てくるのには、驚きました。

 

自分が生まれる前に他界した親族も含めた

大きな家族の構図の中で、

 

愛着やゆがみといった関係性が

時代を超えて受け継がれており、

 

ルーツというものが現在の

自分に大きく影響を与えていることを、

身をもって知ることができました。

 

また、家族の視点から

自分を含めた家族関係を見渡したり、

 

家族の自分に対する感情が、

自然に湧き出してくることも、

新鮮な体験でした。

 

◇ ◇ ◇

 

3 回目のカウンセリングでは、

最近の人間関係で浮き彫りになった

問題点に的を絞ってセッションを行いました。

 

その中で、最近の人間関係で

感じていた問題点は、

 

前回までのワークの中で出てきた

家族関係の中で形成された「心の型」や

 

幼少期に培われた自分の中の

潜在的なニーズが大きく関わっていたことに

自然に気づかされました。

 

初回から、3回目までのカウンセリングが

一続きのように感じられ、

 

ルーツまで含めた家族関係の中での

自分という、大きな視野から自分を見つめ直し

 

その後で、現在の問題に集約していくという、

見事な展開だったと思います。 

 

◇ ◇ ◇

 

長谷川さんは一方的に誘導したり、

結論を出したりするわけではないのですが、

 

3回のセッションを体験する過程で

自然と腑に落ちていくものがあり、

 

自分の中でずっとこり固まっていたものが

ほどけていくような感覚がありました。

 

◇ ◇ ◇

 

まだすべてを咀嚼できたわけではなく、

あくまでヒントを与えて

いただいた感じですので、

 

これから、その種から少しずつ変化が

でてくるのではないかと楽しみにしています。

 

今まで何か問題が発生すると、

その都度自分なりに何となく

クリアしてきたつもりでしたが、

 

潜在意識の部分では何も変わっておらず、

だからこそ同じことを

繰り返してきたように思います。

 

今回は自分の奥底で何かが変わり、

その変化が継続していく手応えがありました。

 

◇ ◇ ◇

 

私は心理カウンセリングとは

どういうものかをよく知らないままに

セッションを受けましたが、

 

自分では思いもよらない発見があり、

人生のこのタイミングでご相談させていただいて、

本当によかったと思っております。

 

人は誰でも生きている間に考え方の癖を

持つものですが、自分ではなかなか

その癖が見えにくいものだと思います。

 

特に何か相談したいことがない方でも、

受けてみると何らかの気づきがある

有意義なセッションだと思います。

 

また2-3回継続的に受けた方が、

現在の問題だけでなく、

 

ルーツも含めた家族関係からの

大きな視野で、自分を形作っているものを

検証することができるので、

学びも多いのではないかと思いました。

 

◇ ◇ ◇

 

幼少期を振り返るセッションの中で、

私には 「どのような感情を感じたのか」 

という記憶がほとんどなく、

 

長谷川さんの質問に対して

「どう感じたか」より

「どう考えたか」を答えることが

多いとの指摘を受けました。

 

今の自分も、本当の気持ちが

わからなくなることが多いのですが、

 

幼少期からそのような傾向があったことに

自分では気づいていませんでした。

 

最後に、長谷川さんからは、

「考えれば感じない、感じれば考えない」 

という言葉と、

「考えて先を読もうとしても

世の中には『変数』がたくさんあって、

その隠れた『変数』が人生を動かしている 」 こと、

 

「その変数が人生を思いもよらぬ方向に

 導いてくれるものであり、

 判断しないでゆだねることの大切さ」 

を教わりました。

 

生きることは体験することであり、

これからいろいろなことがあると思いますが、

「感じる」ことへの希望を抱いて帰路に着く

ことができました。

 

淡々としたプロフェッショナリズムに

徹しながらも、

深い理解とあたたかい共感をもって

接してくださった長谷川さんには、

心より感謝申し上げます。

 

===================

<長谷川の声>

1回目より、2回目。2回目より3回目と、

カウンセリングは回数とともに、

一歩、一歩進んで行きます。

その積み重ねが、やがて大きな

波となり、変化が継続していく

手応えとなります。

心理カウンセリング 大阪 箕面 心の病は克服できます!

 

===================

 

>次のお客様の声はこちら⇓

▶ 短期間で人生が変わり始め自分でもびっくりしています

ページトップへ ページトップへ