▶核心に触れる「私は、こわい」という一言

クリックありがとうございます!

◇ お客様の声 31

◇ 東京都在住・女性T.Y様

◇ 2回目の利用後の声

 

< T.Y 様の声ここから >


とても、不思議な体験でした。


怖い気持ちもありましたが、

ワークを行うまでに長谷川さんが

常に私の話に耳を傾け、

コミュニケーションを

十分取って下さっていたので、

落ち着いて取り組むことが

できました。


私の心の課題の核心に触れる

「私は、こわい」

という一言。


ただ言ってみて下さい、

と言われただけの言葉に、

自分があれほど取り乱すとは

思いませんでした。

 

前回のカウンセリングでは

言えませんでしたね、

笑いでごまかして、、。

 

言えないなんておかしいぞ、

ただ言えばいいだけなのに、と、

頭では思うのに、グッと詰まって

口も身体も動きませんでした。

 

むしろそのフレーズを

聞いただけで、ムズムズ。

身体から(お腹の辺り)の

違和感がすごかったのです。

 

2度目のカウンセリングで

再度「私はこわい」の言葉を

促され、声に出せたとき、


私の感覚は爆発しました。


身体の奥深いところから

突き上げるように

涙がぶわっと噴き出して、

嗚咽が止まりません。

 

身体からひたすら、

涙と一緒に色々な感情が

ぼたぼたと流れ出て、出続けて、

全く止まる気配がしませんでした。


本当に、このまま泣き止まないん

じゃないかと自分でも心配に(笑)

 

でも頭でそう心配しても、

身体が止まらない。

そこがまた、とても不思議でした。

 

普段は逆で、

私は泣きたい欲求(身体からの欲求)を

自制心で抑えられると思ってたし、

実際そうしてきたことも多々ありました。

 

正直、これだけで

かなりスッキリしました。


脱力して力が抜けたまま、

何時間でもいられたかもしれません。


今まで受けたことがある

カウンセリングとは

全く違うものでした。


ハッキリと問題にアプローチを

されるので、それと向き合う辛さは

確かにあるけれど、


それは問題にならないほど

身体からの反応が

強く出てくるというか。


そして身体が反応し出したら、

思考なんてそっちのけで

ただ身体にお任せする

しかないという。。。


ですが思考もしぶといので、

大爆発から身体が落ち着いてきたら、

途端に顔を出して突っ込みを

入れてきたりするのですが(^^;)

 

そんな風に、途中少々戸惑いも

感じながらも、最後には自分で

スッキリできるところまで、

長谷川さんに付いて来てもらった、

という感じでしょうか。

 

カウンセリングの最後には

「わたしは、こわい」を

それまでのような違和感が、

ほぼ無い状態で言える。


ただ、言える。

その自分に、「おお~!」

と思いました(^^)

 

セッション後は良い意味で

ぐったり脱力。

 

気持ち良いマッサージを

6時間くらい受けた後の

ような状態でした。

 

自宅に帰ってからは

アドバイスを頂いた通り、

なるべく考えないように、

頭で意味づけしないようにと

思ってましたが、

 

時々何でもない時に、

あの感情の波が突然押し寄せて、

急に泣きたくなったりします。

まだ泣き足りないのでしょうか(笑)

 

ふっと違う心の課題に気付いたり、

若干不安定ではありますが、

今後また変化があるのではと

気長に考えております。

 

私がワークの中で、

7歳に戻っているとき、

ずっと安心する言葉を

掛け続けて下さり、

長時間に渡りひたすら寄り添って

下さった長谷川さんに、

心から感謝します。

本当にお世話になりました。

 

何層にもなっているという心の課題。

今回、カウンセリングを受けることに

対して信頼と安心感を持ちましたので、

また機会を見つけて

チャレンジしたいと思ってます。

 

=================

ここがポイント!

< 長谷川 解説 >

 

T.Y様とのカウンセリングは

幼少期のトラウマ体験の解消を

目指して行われました。

 

最後はトラウマの原因の相手を、

イスに見立てて、

倒してもらうワークでした。

 

はじめは、T.Y様の視点からは

トラウマの原因になった相手が

イスにダブって見えるために、

イスに近づくことさえも

ためらわれる状態でした。

 

しかし、いくつかのプロセスを

得たあとで、

最後は、自らイスをつかんで倒して、

トラウマの原因相手を倒すことに

成功しました。

 

そのことで、自分の身を

自分で守れた安心感を

感じて頂けました。

 

この過程を得ることで、

脳や心の深い所に焼き付いて

固定されていた感覚は書き変わり、

消失していきます。

 

T.Y様の変わりたい!

一歩踏み出したい!

という思い、意欲の勝利でした。

 

このように、私(長谷川)の

カウンセリングでは、

お客様の「変わりたい」という気持ち、

自主性を何よりも大切にし、

そこに最大限の信頼を置いています。

 

お客様自身の変化を、

心の専門家として、最大限、

全力でサポートさせて頂くのが、

私の役割だと考えています。

傷ついた物語を癒しませんか?

 

===============

 

 

《 Y.T様後日談 》

===============


さて、実は先日、急遽面接の話が

決まり準備にバタバタしてました。

 

本日、面接と見学に行き

頑張って参りました。

 

おかげさまで面接で

良い評価して頂き、

すぐにでも働いて欲しいと言って

もらえました!

取り急ぎ一安心です。

 

前回のメール以降、なるほど!

と気持ちを新たに切り替えて、

非常にポジティブに過ごしてます。


「自分をどのように

 怖がらせているのか」


自分に問いかけてみては、

とのアドバイスで、

実際考えてみると、

「私は、なぜ自分で自分を

怖がらせなきゃならんのか!」

と馬鹿馬鹿しくなりまして(笑)

 

自分を自分で

怖がらせるような

悪いことを考えても、

 

クサクサやさぐれても、

自分が絶対自分の

味方でいようと思い、

 

できるだけ意識していたら、

そうすることで、このごろ

落ち着いている自分に

気が付いています。

 

今日も面接から帰って、

自宅で一人

「よく頑張ったね~」と

自然に自分に言って

あげてることに気付きました。

 

怖がらせる代わりに

自分をねぎらい、大切にすること

ができるようになっていました。

うーん、前進o(^-^)o?

 

ホ・オポノポノも順調に続けていて、

やっと定着したのか、

感情から客観的になることが

前よりスムーズかも、、

と、昨日気付いたんですけどね(笑)

 

面接の準備をしていて、ふと(^^)

いつもよりどっしり

構えてる自分にも気が付きました☆

 

今日面接と見学をした職場は、

雰囲気がとても良くて安心しました。

前の職場がいかに偏った

プレッシャーを感じる場で

あったかも気付きました。

 

やはり、起こるべくして

前の職場を解雇になり、

私は本当にそれで良かったのだと、

改めて感じました。

 

今度の職場は場所が遠く、

通勤ラッシュがネックになるので、

今後勤めるかは試用期間を設け

お互い様子を見ましょうという

話になりました。

 

しっかり自分の身体の声を聞き、

これまでのような無理をすることの

ないように、

答えを出したいと思ってます。

 

今日のことで、

やっぱり私面接強いかも、

と自信も付きましたo(^-^)o

単純過ぎですね、えへへ

 

未だ手探り状態ではありますが、

なんだかこの数日で急に成長を

実感し、嬉しく思っています。

 

===============

 

< 長谷川 の 一言 >

 

こちらのY.T様のように

変わりたい!成長したい!と

強く望む方のお手伝いを

させて頂いています。

 

新しい1歩を踏み出されたい方。

自分一人の努力では限界を感じて

いらっしゃる方。

どうぞお越しください。

お力になります!

人は変わることできます

次の記事はこちらから

▶ 感情を取り戻して、本当の自分に戻ってきました

>ひとつ前のお客様の声に戻る
「10年以上引っ掛かっていた
感情を解消できた」

お客様の声はこちらから

ページトップへ ページトップへ