▶ 人生が見違えるほどに私は変われました

黄緑の鳥

 

◇ お客様の声38

◇ 大阪府在住・女性・T.M様

 

カウセリングを利用して、

自分の本当にやりたいことに

 

チャレンジできたことも

うれしい変化でしたが、

 

家族と仲良くなれたことも、

私にとって、

とてもうれしい変化でした。

 

 

==<目次>=======

 

1:自分を生きたい!

 

2:家族が苦手

 

3:カウンセリングで

  得られた変化

 

4:悩みがある方は、

  カウンセリング

  おすすめです!

 

=============

 

 

1:自分を生きたい!

 

私が長谷川さんの

心理カウンセリングと、

出会うことになったのは

友人からの紹介でした。

 

 

当時、私は会社勤めをしていて、

言葉にできないモヤモヤした

不自由さを感じていました。

 

会社組織で働くことに

息苦しさを覚えていました。

 

この状況を脱したい、

人生を何とかしたい、

と思い続けていたものの、

何も行動できずにいました。

 

 

私は、心理カウンセリングには

元々興味がありました。

          

長谷川さんとは、別のところで

カウンセリングを

学んでいましたし、

 

仕事でカウンセリングを

することもあります。

 

なので、ある程度、

心理カウンセリングの

知識や経験がありました。

 

 

しかし長谷川さんの

カウンセリングは、

 

これまで学んできたこととは、

全く違う体験が待っていました。

 

それはまさに、

全身で感じる経験=体験でした。

 

 

初めてのカウンセリングで、

 

私は

 

「自由に行動できない自分が嫌だ」

 

ということを扱ってもらいました。

 

カウンセリングも終盤に

差し掛かった時、

 

ふいに不思議な

出来事が起こりました。

 

子供のころに家族で行った、

信州・戸隠神社の参道

のイメージが見えたのです。

 

両側に樹々が立ち並ぶ、

誰もいない長い参道を

ひとりで歩いていく私。

 

知らない土地を、恐る恐る、

歩いていきます。

 

ふと、これ以上進めない、

また進んではいけない、

 

こう思いました。

 

そして、来た道を戻り、

駐車場へたどり着きました。

 

そこには一台の車が停まっており、

中には私の両親が待っていました。

 

このイメージに

辿り着くことができた時、

 

私の心の中で

何かが動きました。

 

「なんだ、

(両親はここに)いたんだ。」

 

こう思った瞬間、

なんとも言えない安心感が、

私を包みこんでいきました。

 

 

それから数か月後。

 

私は、偶然訪れた長野県で

新たな仕事に出会いました。

 

そのこれまでに未経験で、

畑違いな、新しい仕事に、

 

私は単身移住して、

チャレンジすることを

決意しました。

 

「自由に行動できない自分が嫌だ」

 

この、これまでの

私を脱ぎ捨てて、

 

不自由さを感じ、何年も、

モヤモヤしながらも

続けてきた会社勤めから

脱出することができました。

 

これは、

カウンセリングによって

 

安心感や自分への信頼を

取り戻すことができた

からだと思います。

 

それまでは、会社や肩書の中で

生きていた私でしたが、

 

移住してからは、知らない土地で、

個人として、人と交流を

持ちながら暮らすことができました。

 

2年間にわたるその生活は、

私にとって、全くこれまでにない

新しい経験の連続で、

 

本当に様々なことに

チャレンジしました。

 

楽しいことも、辛いことも

あったけれど、

 

「自分を生きている!」ことを

実感できたことが、本当に、

何よりも嬉しかったです。

 

その経験は、今も私の大切な

一部になっています。

 

 

2:家族が苦手

 

 

加えて、思っても見なかった

良い変化も経験しました。

 

2年間のチャレンジを

終えた私は実家に戻ってきました。

 

しかし、実家は、昔から

私にとっては居場所のなさを

感じる場所でした。

 

実家に戻った私は、

 

家に帰りたくない。

家族と話したくない。

 

この思いが悩みであり、

新しい課題でした。

 

具体的には、

 

家族の顔が見れない。

(今思えば特に

 祖母だった気がする)

 

母は私の好きなものを

理解しない、

 

いつも、なんでも反対される。

 

父は頼りにならない、

逃げる。 いい加減。

 

このような感じがしていて、

つらかったです。

 

しかし、長谷川さんの

カウンセリングを

 

継続して利用していくうちに

それは、大きく変化しました。

 

具体的には以下の通り。

 

■ 家族の顔が見れない。

(今思えば特に祖母だった気がする)

 

→祖母に「ありがとう」と言われる。

 家族の顔を見て会話する。

 家の中に「ありがとう」が飛び交う

 

 

■ 母は私の好きなものを理解しない、

 いつも、なんでも反対される。

 

 →母と好きなものを言い合う

 母の好きなものに付き合う(笑)

  母が私の悩みを受け取ってくれる

 

 

■ 父は頼りにならない、

  逃げる。 いい加減。

 

→いい加減じゃない。

 いざというときは、頼る。

 ラスボス感。

 

 

■ 居場所がなく、家に居られない。

  家に帰りたくない。

  家族と話したくない。

 

 → 一緒にテレビで盛り上がる。

  家族旅行が楽しみになる

 

 

カウセリングを利用して、

自分の本当にやりたいことに

チャレンジできたことも

うれしい変化でしたが、

 

家族と仲良くなれたことも、

私にとって、

とてもうれしい変化でした。

 

カウンセリングを

利用できたことで

私の人生は見違えました。

 

木が並ぶ

 

3:カウンセリングで

  得られた変化

 

 

何か思わしくない状況が

自分に生じているとき、

 

カウンセリング以外にも、

解決手段は多々あると思います。

 

私のような体験は、

全ての人に同じように

起こるわけではないし、

 

カウンセリングの中で

何を体験するかは

人それぞれです。

 

このバラつきのために、

カウンセリングは科学的ではない。

と言われることもよくあります。

 

「話を聞くだけで何ができるのか」

と言われることもあるし、

 

カウンセリングは怪しいものと

思われることもあります。

 

それでも、

私はカウンセリングを、

 

一度は利用してみることを

おすすめします。

 

 

カウンセリングを

利用したことが、

 

私にとって、

有益だったことは

間違いありません。

 

おかげで私は随分と

生きるのが楽になりました。

 

今では、

 

「嫌なことは嫌だと言える」し、

 

「過度に自分を責める」ことも

 なくなりました。

 

今までより、嫌な人、

付き合いづらい人と出会うことも

減った気がします。

 

カウンセリングを

受けたからと言って、

 

人生における苦しい出来事や

辛い出来事が全くなくなる

わけではありません。

 

それでも、私は、

カウンセリングを

利用することで、

 

辛く苦しい出来事があっても、

 

逃げずに自分のこと

として見つめることが

出来るようになりました。

 

それができるように

なったので、今は、

 

次へ進む強さを

得られています。

 

 

4:悩みがある方は、

  カウンセリング

  おすすめです!

 

 

カウンセリングで

一番大切なのは、

 

カウンセラーの態度である、

と言われます。

 

クライアントの話を

まずは聴くこと。

 

ただ、ありのままに聴いて、

受け止めること。

 

簡単そうに見えて、

これがとても難しいのです。

 

カウンセリングを学んだり、

利用したりしてきた

経験のある私は、

 

身を持って

それが分かります。

 

ありのままに話しを

聴くだけ、が出来ずに、

 

自分の解釈や意見を述べたり、

かばったり応援したり。

 

クライアントの問題解決に

意識を向けるあまり、

 

話の途中から、

どうすれば目の前の

クライアントを

自分の思うように

動かすことができるかを

 

考え始めるカウンセラーも、

残念なことにたくさんいます。

 

そんな中で、長谷川さんは、

このありのままに聴く、

 

という態度が自然にできる方

なのだと思いました。

 

長谷川さんは、カウンセラーを

始められる前には、自然農法や

 

マクロビオティックといった

自然に即した生き方を

学ばれたそうです。

 

あくまで個人的な見解ですが、

自然を見つめ、関わった

経験があるからこそ、

 

クライアントをコントロール

しようとするのではなく、

 

そのありのままの

状態を受け取り、

 

話を聴くことが

できるのではないでしょうか。

 

長谷川さんはまた、

クライアントのペースや

考え方を尊重してくれます。

 

振り返りたくないことは、

無理はさせません。

 

受ける側は、受け身でもなく

依存するでもなく、

警戒せずに受けられます。

 

漠然とした不安、しんどさなど、

悩みがまとまらない時には、

一緒に整理してくれます。

 

絶望感、焦燥感など、

言葉にならないときは、

 

身体の感覚からアプローチ

することもあります。

 

そして何より、長谷川さんの

人柄がおもしろいです。

 

あんなに素晴らしい

カウンセリングをされるのに、

 

関西人のツッコミ魂を

刺激されることがよくあります(笑)

 

カウンセリングや

心理のワークを利用することは、

決して恥ずかしいこと

ではありません。

 

何をしても改善しない

悩みがある。

 

抜けだしたい何かがある。

 

そんな人には、

一度長谷川さんの

カウンセリングを

 

受けてみることを、

私はおすすめします。

 

==============

 

< 長谷川 解 説 >

 ここがポイント!

<カウンセリングを利用することで

 得られたT.M様の変化>

 

 

■「自由に行動できない自分が嫌だ」

 

→本当にやりたいことに

 チャレンジできた。

 

 

■ 家族の顔が見れない。

 

→顔を見て会話するようになれた。

 家の中に「ありがとう」が飛び交う

 

 

■ 母は私の好きなものを理解しない、

 いつも、なんでも反対される。

 

 →母と好きなものを言い合う

母が私の悩みを受け取ってくれる

 

 

■ 居場所がなく、家に居られない。

 家に帰りたくない。

 家族と話したくない。

 

 → 一緒にテレビで盛り上がる。

  家族旅行が楽しみになる

 

 

T.M様が手に入れた変化は、

 

・自分の心の限界を突破した

 行動が選べるようになった

 

・母親との関係が変わった

・家族への印象や

 仲の良さが変わった

 

このようなものでした。

 

 

T.M様の変化は、

 

自分の心が変わることで

手に入るもの

 

よく表してくれていると

思います。

 

 

心の限界を突破するなら、

これまでの自分では、

 

決して選ぶことが出来なかった

行動を選ぶことができます。

 

その分、人生で体験できる

ことがとっても豊になります。

 

後悔することもなくなります。

 

 

家族関係でも、

パートナーシップでも、

職場やグループでの

人間関係でも、

 

そこに問題やストレスが

あるなら、

 

それを解決する鍵は

自分の心にあります。

 

誰かが変わってくれるのを

待つ必要はありません。

 

自分の心が変わるなら、

人間関係での問題や、

ストレスは解決します。

 

 

このように、

 

自分のことでも、

 

自分と他の人との

関りのことでも、

 

自分の心が変わることで

変えていくことができます。

 

私達が幸せに

なるのかどうかの鍵は、

 

ただ、自分の心次第です。

 

自分の外にはありません。

 

今より幸せになりたい方は

ぜひ、お越し下さい。

 

心理カウンセリングで

お力になります。

 

お客様の声はこちらから

ページトップへ ページトップへ