お客様の声 - 心理カウンセリング 大阪・箕面

お客様の声

女性写真

※お客様の声は、お客様からご了解を頂き
 ご紹介させて頂いています

  1. パニック発作を克服
    (女性・M.T様)
  2. 抑うつ、1年6カ月の
    休職から復職(女性・H.S様)
  3. 10年以上の不眠を克服
    (女性・K.E様)
  4. 抑うつ・病気感染恐怖を
    克服(男性・Y.T様)

お客様の声【1】
パニック発作、極度の混乱状態が
3回のカウンセリングで解消!

身体と心が引き裂かれそうなくらい
 苦しかったパニック発作や、
極度の混乱状態が出なくなりました
 私だけ、こんなに楽になって
 いいのかなって感じです(^^)
< 神奈川県在住・女性・M.T 様

1回目のカウンセリングをご利用後の「声」

パニックなってしまうことに
悩まされていて、長谷川さんの
心理カウンセリングを利用する前に、
他の心理療法を、10数回続けて
きましたが、どうしても、
自分の感情が分からないことが
続いていました。

そのために、効果を得ることが出来ず、
パニックになる感覚には全く変化が
ありませんでした。

変われない自分はもう、
生きていくことができないような
気がしていました。

そんな中で、長谷川さんの
ホームページを見つけました。

そして、なぜだか、この人なら、
そう思え、意を決して、
神奈川から大阪までカウンセリングを
受けに行きました。

長谷川さんの心理カウンセリングを
初めて利用させてもらってから、
二週間、「何かが分かるようになる」
こんな予感とともに過ごしておりました。

すると、再び全身が苦しくなるような
パニックが起きました。
もう苦しくて苦しくて、身体と心が
引き裂かれそうでした。
その時、分かったことがありました。

私は『無理をしている』。その声が、
苦しくて引き裂かれてしまいそうな、
全身からの叫びのように感じられました。

私が、「怒りのエネルギー」をうまく
使えていないという長谷川さんのご指摘は
まさにその通りだと感じています。

カウンセリングでは世間体を気にして、
自分の思い通りにするために、
私の気持ちを抑圧する母への怒りを
吐き出させていただきました。

すると、私は、その同じ母が、
パニックの私をどうにかしようと
何度も見守ってくれていたことに
ようやく気が付くことができました。

そして、母は、私の気持ちを抑圧したくて
やっていたわけではなかったのでは?
このことに思い至りました。

母も迷いながらも、よかれと思いながら、
私を育ててくれていたんですね。

これまでは、母の言うことを聞き続けて、
したくもないことをし続けてきた自分が、
かわいそうでなりませんでしたが、
「母も苦しかったのか?」気が付けば、
このように思えるようにもなっていました。

私のこれまでの選択は、それでも、
もう戻すことは出来ず、
その結果としてある
『今』を引き受けなくてはならない。

そう思うと、また苦しくなってしまいます。
私は、まだ、
自分を引き受けられないのか…。

もう、母のせいではなく、自分で、自分を
引き受ける覚悟が必要なんだと思います。

これまでに、私が職場を選ぶ時には、
必ず、母のように私をコントロールする
人が現れてきました。

私はそれに踊らされ、自分の気持ちを
聞いていませんでした。

いやなことも嫌と言えず、そもそも、
嫌なのかどうかも分からず、
コントロールする人の顔色を伺い、
その人達の言葉に踊らされて
動いてきました。

その人に見捨てられたら、この思いが、
怖くて怖くてなりませんでした。

でも、そうじゃない。自分の人生は
自分で作っていかねばならないのですね。

常に自分がどうしたいか…失敗だらけの
これまでの自分の人生も、
引き受けて、引き受けて、
これからを生きて行きたいと思います。

初めて利用させて頂いた、
カウンセリングの終了後の、
あの晴れやかな気分は、
今、雲がかってしまっています。

この闇の先には、きっと明るい未来が
あると信じたいです。

本当に好きなことを探そうと思います。
私はどんな時に楽しいと思うのか。
私は何がしたいのか。

もっともっと自分を見て、
感じて生きたいと思いました。

カウンセリングの時、パニック状態の
私を見る、長谷川さまの目が優しく、
ボロボロと涙がこぼれてきました。
あの涙を、今度は喜びや感動で
流したいと思います。

パニックになりそうになったら、
カウンセリング後に飲んだ、
あのホットココアを飲もうと思います。
前を向いて行こうと思える自分を信じて、
生きたいと思います。
ありがとうございました。


< 長谷川 解 説 >

この一回目のカウンセリングで、
M.T様に以下のような思いや
心の課題があることが見つかりました。

  • 『自分がパニックになることで、
     お母さんに注目してもらえる、
     つながれる』
  • 『コントロールしようとしてくる人
     に母親を感じて、近づいてしまう』
  • 『自分は女性だが男性的になることで
     母親に選ばれたい、そばにいたい。
    (しかし、そのことで、本来女性
     である自分が分からなくなる。
    =自分の感情が分からなくなる)』

3回目のカウンセリングをご利用後の「声」

長谷川さまのおかげさまで、
身体と心が引き裂かれそうなくらい
苦しかったパニックの発作や、
極度の混乱状態が出なくなりました。

現実の環境も過去にないくらい
良くなったと感じています。

今回のセッションでは、やはりかぁ、
と思う母と私の関係性。

そしてまた意外にも、
私は父を求めていたのかぁと言うことに
気づかせて頂きました。

あれから、母が小言を言うたびに、
あー私を子供だと思っての行動かぁ…とか、
はっきり「干渉しないで欲しい」と
罪悪感なく言えるようになったり。

自分の解釈がすんなり入ってくる感じで
ラクになりました。
また伺わせていただければと思います。
ありがとうございました。


<長谷川解説>

M.T様は3回のカウンセリングでこれまで、
何十年と抱えられていたパニックの発作や、
極度の混乱状態になってしまうことを
克服することができました。

このあとも、2年ほどの間にお仕事や、
恋愛における心の課題の克服を
サポートするカウンセリングを
4回利用してくださいました。

その中で今でも特に印象に残っているのは、
「私だけ、こんなに楽になっていって
 いいのかなって感じです(^^)」
こう、少し冗談めかして笑顔で
お伝え頂けた様子です。

初めてのカウンセリングの時には、
パニック発作が出て、過呼吸に
なりかけながらのカウンセリングでした。

そのころの様子とはまるで違うM.T様が
そこにはいらっしゃり、
とてもうれしく思いました。

女性写真

お客様の声【2】
うつの診断で1年6カ月の休職から復職
さらに10kg以上のダイエットにも成功

この休職期間に、人生が変わるような
経験と出会うことができたので、
今では、休職したことは
私にとってギフトだと思えています
< 愛知県在住・女性・H.S様 >

初回、2回目のカウンセリングを
  ご利用後の「声」

異動先の業務に適応出来ず、
うつの診断を受け休職。
クリニックに通いながら、
投薬治療に専念していました。

しかし、なかなか病状は思わしくならず、
焦りが募る日々を過ごしていました。

休職してから1年6カ月が経ち、
このまま何も決めないわけにも
いかなくなり、とにかく、ひとまずは、
復職の面談を申込みました。

そして迎えた、上司、産業医との面談。
双方の意見があわず、
復職は見送りになりました。
私は、今後をどうしてよいのかが、
全く分からなくなり、藁(わら)にも
すがる思いで長谷川さんの
心理カウンセリングを予約しました。

クリニックでのカウンセリング以外の
カウンセリングの利用は初めてで、
予約はしたものの不安だらけでした。

カウンセリングでは、大嫌いな父親を
助けるために、自分も不幸な道を
選ぶことを、無自覚に続けて来ていた
ことが明らかになりました。

本当に予想外な事でした。
そして、実際には一度しか会ったことの
ない父方の祖父と、
私が心の深いところでは、
密接につながっていた事も分かりました。
こちらも、意外なことではありましたが、
私は、不思議とそれが腑に落ちて、
心の深いところで安心感が湧きました。

私は、私が生来に持つ、
体格(骨格・体癖)や気質のタイプとは、
異なった考えや行動を、無理をしながら、
これまで続けてきたことにも気付かされ、
生きづらさを感じてきた原因が
また一つ明らかになりました。

いつも言いたい事も我慢し、
怒りの感情を前に出せず、使えず、
随分、自分の心に無理を掛けてきた
事がわかりました。

今回の長谷川さんとのカウンセリングで、
初めて本当の自分を知ることができました。

そして、自然と自分をいたわりたい、
大切にしたい気持ちになれました。

帰宅後もゆるりと過ごせ、
頭の中のおしゃべりもなくなりました。

帰宅してからの一週間、ダイエットと
健康の回復のためにすすめて頂いた
食事方法を続け、体が休まったようで、
サイズダウンも出来て、
心も体もすっきり出来ました。

本来の自分に戻る最初の一歩が
踏み出せたと思います。


< 長谷川 解 説 >

H.S様は、休職前の会社では、
しまいには、上司に声を掛けられた
だけで、涙が止まらなくなり、
過呼吸気味になってしまう
状態だったそうです。

カウンセリング中にも、
その頃のことを思い出すだけで、
呼吸が乱れ、涙が止まらなくなって
しまうような心の状態でした。

<初回>のカウンセリングでは、
まずは、その苦しい心の状態から
抜け出ることを最優先としました。

下記のことをテーマとして、

  • 嫌だと言えない
  • 「私は悪くない」が言えない

トラウマ体験を解消する
 ワークを行いました

<2回目>のカウンセリングでは、

  • 本当にしたいことが分からない

 このことがテーマとなりました。

父性を取り戻すワーク

【家族連鎖】としてあった
父方の祖父との強すぎる結びつきを離れ、
自分を取り戻すワークを行いました

・父性を取り戻すことと、
・自分を取り戻すことで、
<見込まれる効果>は、以下の通りです。

  • 怒りの感情の回復
  • 好奇心の回復
    (自分のしたいことが分かる)
  • 逆境に強くなる
  • NOと言える
    (嫌のことは断れる)

2回目のカウンセリングは、
H.S様の心の上記の部分を進める
着実な一歩となりました。

3回目のカウンセリングをご利用後の「声」

長谷川さんのカウンセリングを
初めて利用してから、2か月後に
3回目のカウンセリングを受けました。

今回のカウンセリングを利用する
ちょうど前の時期は、
復職の面談の時に感じた、面接官に
「自分の気持ちが踏みにじられた!」
という、とてつもない怒りが湧き、
渦巻いている状態でした。

ひとりになれる車の運転中にひたすら
面談相手を罵倒し続けて、
何とか怒りを解放していた有り様でした。

その面接官への渦巻く「怒り」も、
その根本の衝動は、父親の事が
大好きだからこそ湧いていることが
明らかになりました。

またまた予想外の結果でした。
現実では理不尽な扱いを
父親から受け続け、父へは
憎しみしかないと思っていたのに。。。

実は、自分は、とても父親からの
愛情を欲していた事がわかり、驚きでした。

帰宅後の2、3日は、
えもいわれぬ不安と
極度の睡魔に襲われました。

いつのまにかそれもなくなり、
何もないのに楽しい、穏やかな
気持ちになれました。

長谷川さんから、今回の休職は今まで
頑張ってきたギフトだから、
休めるだけ休まれては、と言っていただき、
気持ちが楽になれました。

今の気持ちは休職中の職場への復職より、
転職に向いているので、転職先の幅を
広げる為に、簿記の資格の勉強を始めました。

何の為に生まれてきたのか?
何がしたいのか?

そんな事はわからなくても
その時に心が思った事を選択して、
本来の自分で無理せず生きていければいいか、
こう気楽で前向きな気持ちで将来を
思えるようになれた事が、
長谷川さんのカウンセリングを利用する
ことで得られた一番の収穫だと思います。

こう思えているからこそ、何もないのに
楽しく、穏やかな気持ちになれているの
だと思います。

最後になりましたが、いつも、
話をしっかり聞いて、時間をかけて
向き合っていただき、
ありがとうございました。

<長谷川解説>

3回目のカウンセリングは、

  • 大人の男性に踏みにじられる感じ
    に腹を立てている

こちらをテーマに

怒りを感じる、怒りの感情を出す
 ワークを行いました。

これまでのカウンセリングの成果で、
H.S様は「怒り」の感情が使える、
表現できるようになってきていました。

これまでのH.S様は、本当にはあった
「怒り」の感情を使うことや、
前に出すことを、無意識の内に、
自分に禁止してしまっていました。

そのために、「怒り」が内に
こもってしまい、
「怒り」の感情が出口を求めて、
体の中を暴れている状態でした。

体の中でねじれた「怒り」の感情は、
自分ではコントロール不能な、
激しい涙や、呼吸の乱れとして
表現されていました。

H.S様は、人生の長い時間、
自分に「怒り」の感情を禁止してきたこと、
そのために、溜め込まれてきた
「怒り」の感情の抑圧が、
H.S様のうつの症状の一因でした。

H.S様は、2回目までのカウンセリングで、
無意識の内に、自ら禁止していた
「怒り」の感情を使うことについて、
自分に許可を出すことが出来ていました。

ですので、今回の3回目のワークでは、
体の中に溜め込まれていた
多量の「怒り」を表現して、
解消するワークを行いました。

 上記のワークで
<見込まれる効果>

  • 怒りの感情の回復
  • 好奇心の回復
    (自分がしたいこと分かる)
  • 逆境に強くなる
  • NOと言える、断れる

今回(3回目)のカウンセリングも、
H.S様の心理の上記のことを進める
着実な一歩となりました。

「怒り」の感情を使えるようになると、
「自分の身を自分で守れる気持ち」
が育ちます。

すると、何事に対しても
「怖さ」の感情が減り、
安心感の感覚が増えます。


< 長谷川 解 説 >

H.S様との《4回目のカウンセリング》では、

  • 本音を言える、望んでも良い

このことがテーマになりました。

母に負担を掛けない、いい子で
いなければならないという思いから、
母に本音が言えずに、自分の望みを
あきらめ続けてきたことに
焦点が当たりました。

 上記のことで
<見込まれる効果>

  • 自分の本当の思いをあきらめ
    なくてもいいという新しい気付き
  • 自分の本当の感情、怒りや怖い、
    悲しい、を「あきらめなくていい」
    「表現してもいい」この新しい気付き
  • 自分には、様々な感情が
    あってもいいという新しい気付き
  • 本当にしたいことを望んで、
    それをしてもいいという新しい気付き

< 長谷川 解 説 >

《5回目のカウンセリング》では、

  • 自分は悪くない
    怒っても、望んでも、
    NOと言っても、断ってもいい

このことがテーマになりました。

完璧主義や、自分が完璧にしなきゃ
 自分が我慢しなきゃ、という思いを
 解消することに焦点が当たりました

 上記のことで
<見込まれる効果>

  • 出来ない自分を責めない
    「罪悪感」の解消
  • 自分は悪くない、が言える、
    もしくは、自分だけが
    悪いわけじゃない、が言える

上記のことにより、より明確に

  • 自分は怒っても良い、
  • 自分は自分の身を
    守っても良い(NOと言える)
  • 自分は自分の
    したいことをしても良い

これが分かる、実感できるようになる


H.S様のカウンセリングの経過の<まとめ>

《1回目》:トラウマの解消により
      心の凍りつきを取る
《2回目》:自分を取り戻す、父性の回復、
      心の力の底上げ
《3回目》:怒りを使う、感じる、
      体の中にこもっている
      怒りの感情の解消
《4回目》:本音を言える、望んでも良い
《5回目》:自分は悪くない、怒っても、
      望んでも、NOと言っても、
      断ってもいい
      安心感の底上げ


6回目のカウンセリングを
  利用された後での「声」

今回は面談のシュミレーションをする事で
私が面談者4人に対して心で感じていた
気持ちの整理が出来たと思います。

最も印象的だったのは面談者を表す
4つの椅子を部屋の隅によけて、
目の前に広がった見晴らしのよい景色を
見た時に感じた自由な清々しさです。

長谷川さんから
「この世界を勝ち取る為に
 面談に行くと思って下さい。」
との言葉を頂き、
面談に行く勇気が出てきました。

これから、自分の心は
どこに向かっていくのか?
どんな心の変化があるのか?
はまだ今はわかりませんが、
カウンセリングの中で見えた
見晴らしのよい世界を忘れずに
動こうと思います。


< 長谷川 解 説 >

H.S様は6回目のセッションの時までに、
10㎏以上のダイエットに
成功されていました。
休職期間中で増えた体重以上に
痩せることができたようです。

「心の病」が克服できたことだけなく、
心身ともに調子が良くなって
くださったことに、
私もとてもうれしく思いました。

このあと、無事に元の職場に
復職されたというご連絡を頂きました。

そのご連絡の中にあった

「この休職期間に、人生が変わるような
 経験と出会うことができたので、
 今では、休職したことは
 私にとってギフトだと思えています。」

この言葉がとても印象的でした。

女性写真

お客様の声【3】
10年間以上悩まされてきた
「不眠」を解消されたお客様の「声」

過去の分まで取り戻す
かのように毎日快眠です!

< 鳥取県在住・女性・K.E様 >

長谷川さんのカウンセリングを
利用し始めてから、
自然といろんなことが変化したな~と
感じている今日この頃です。

その色々な変化の中でも、
なんといっても一番大きな変化は
「眠れるようになった(!!)」
 このことです。

私は、20歳代から、
気づいたころにはもう不眠でした。

特に就職してからは
より眠れないようになりました。

夜中に何時になっても、ちょっとした
物音で起き、目をつむっても意識はある。

そして朝が来る。・・・そんな毎日でした。
その不眠が高じて、病気にもなりましたし、
気分も安定しませんでした。

しかも、睡眠の質が良くないために、
起きている時間も頭が痛かったり、
ぼーとしたりと、
日々の充実感もありませんでした。

このままではダメだと思い、
何とか不眠を解決しようと、
アロマ、枕、マッサージ、温泉などなど、
不眠の改善に効く、良いといわれていることは、
様々に試してきましたが、
結局、眠れるようにはなりませんでした。。。

そうした年月を過ごす中で、
私にはもう、安心して、
自然に「眠れる」という感覚は
縁がないのかもな・・・
とさえ思っていました。

でも、長谷川さんのカウンセリングを
受けてからは、変化を感じ始め、
変化が起きて、もう、安心して、
自然に「眠れる」という感覚とは
縁がないのかもな・・・とさえ
思っていた私が、
徐々に眠れるようになっていきました。

そして、やがて、
10年以上悩まされてきていた
不眠の症状が解決していました。

今では、眠れなかった日々を
取り戻すかのように毎日快眠!
良く眠ってます。

眠れるようになってみると、、、
今までなら気に病んでいたことや、
いろいろあれこれと考えこんで
しまっていたようなことでも、

シンプルに自分の心のままに
心地良いほうを選んだり、

ただ自分の喜ぶこと、
楽しめることに進んだりが
自然とできるようになってきています。

「眠り」って大事なんだな~
と気が付き、つくづく「眠り」の
大切さについて感じています。

これまでは、毎日のように
「私は今日は寝れるのかな・・・」と
不安になっていたのですが、
今ではもう、そんな心配を
しなくてよくなりました。

このことが本当にうれしくて気分も
軽やかになったことを感じています。

人生の1/3は眠っているんだろうし、
その眠っている間に日々、
私の心や体が回復し、そしてそれが
毎日の楽しみや喜びに繋がっている
と思うと、不眠症が解決したことは

私にとって、とても大きなことの
ように思えますし、何だか今後の
人生にとっても大きな喜びを
頂けたように思えています。

私の10年以上の悩みの種であった
不眠の解消に協力してくださった、
長谷川さんにとても感謝しています。
長谷川さん、有難うございます!!

女性写真

お客様の声【4】
抑うつ症状と病気感染恐怖
を克服されたお客様の「声」

起業し、家族も増え、順調だった
ある日に、突然に始まった、
抑うつ症状と病気感染恐怖で
「一寸先は闇、死んだほうがマシ」
「寝ているときが一番幸せ」と
感じられるほどに心が病んだ

状態となり、収入が激減。
「もう、限界」そう人生を
あきらめかけた時に

長谷川さんのカウンセリングと
出会い、奇跡の回復。
「今は、自分の中から力が
 どんどん噴き出すのを感じ、
 新たな事業や、

 生き方の可能性など、
 様々な展開が

 見えてきています。」
 < 滋賀県在住・男性・Y.T様 >

3年ほど前、一寸先は闇、
死んだほうがマシ。
と思えるほどに心を病みました。
突然に心を病んでから半年。

心理カウンセラーの長谷川貴士さんに
辿り着くことができたのは
本当にラッキーでした。

もちろんそれまでにも、
自分に差し伸べられた助けは
たくさんありました。
そのおかげで、人生にこんなに
素晴らしいチャンスが訪れ、
新しい世界を生きることが
できるようになったことは、
何物にも代えがたく、
どんな言葉でも表しようが
ないほどに嬉しいことです。

これから綴る僕の体験談が今、
悩みや苦しさの只中にいらっしゃる
皆さんの助けに
少しでもなれば幸いです。

うつの症状、家族への責任、
将来への不安

起業・結婚・子供を授かる、
順調だった人生が突然の暗転
「寝ている時間だけが救い」
と思えるほど追い詰められる
生き地獄が始まる

僕の心の症状は、
『病気に対する不安・恐怖でした。』
もう少し言うと、外からくる
感染症などの病気です。
~不安症の類~と言えば
分かりやすいでしょうか。

おそらくは、精神的・肉体的な
疲れからくるストレスが引き金となって、
『病気への感染恐怖』が始まった感じです。

丁度その頃の数年は、起業をし、
結婚をし、子供も授かり、
人生が目まぐるしく
変わっていく時期でした。

傍から見れば、
一見幸せに見えそうですが、
休みなく多忙な日々を過ごし、
会社や家族を背負う重圧に、
僕の心と体は気づかないうちに
どんどんと疲弊し、
蝕まれていきました。

その結果、『心の病』という形で、
不安と恐怖のどん底へと
叩き落されてしまいました。

こうして僕の生き地獄の
日々が始まりました。

常に様々な理由を考えついては、
『自分は病気に感染して
しまっているのではないか?』
という疑念と恐怖が
僕の首根っこを捕まえては、
いつまでも離さないように
なってしまいました。

この『心の病』について、
最初は家族にも言えなかったので、
何とか一人で耐えようとしました。

病気に感染してしまったので
はないか?という不安・恐怖なので、
普通なら病院で検査をして、
感染していないことが確認できれば、
問題がないと分かり、安心できます。

しかし、僕の『心の病』はそれでは
終わらないほどの深刻なものでした。

しっかりとした病院で精密な検査をしても、
『検査の結果は100%信頼できる
 ものではない。
 間違っているかもしれない。』
と思ってしまうのです。

ですから、また病院で再検査をします。
そして、また、
『感染していない。問題ない。』という
結果が出ても、
結局はその再検査の結果にも
『本当なのか?うそなんじゃないか?
 間違いなんじゃないか?』
という疑念が湧くことを自分では
止めることが出来ず、
『自分は病気に感染してしまって
 いるんじゃないか?これから
 ひどいことになるんじゃないか?』
という疑念と恐怖を払拭することが
どうしてもできませんでした。

病気に感染しているという
不安と恐怖に四六時中さいなまれ、
頭がおかしくなるような、
まさに生き地獄のような日々でした。

家族を含め、
誰にも本当のことを言えない苦しさ。
『心の病』なんて話しても
誰にも理解してもらえないだろう、
という孤独感。

将来ある自分の子供に
病気をうつしてしまうの
ではないかという恐怖。

寝ている時間だけが救いでした。
このような日々の結果食欲が無くなり、
体重が10㌔落ちました。

寝ても覚めても、病気の感染への
不安と恐怖で体が震えて硬直しました。
動悸や不整脈の症状が頻発しました。
もちろんこの状態では仕事も手につかず、
思考停止の状態で気力もなく、
最低限のことをこなすので精一杯。
起業した事業の売上はかなり減りました。

自分の将来はもう考えられず、
この苦しみを何とかしたいけど、
方法がわからないので、
どうしようもなく、どんどんと、
うつ状態へ向かっていきました。

自分はこれからどうなってしまうんだろう、
生きて戻って来れるのだろうか?という、
心配、恐怖、悪夢の毎日でした。

起業をし、結婚をし、子供も授かった
矢先のことだっただけに、
自分の心配ばかりで、
家族や他人を思いやれない
情けなさが悔しくて、苦しくて、
どうしようもありませんでした。。。

男性写真

限界を感じる

その当時の僕には、今思えば
本当に残念なことに、
心理のことにはまるで
知識がありませんでした。

なので、こんな惨めな状態が続き、
回復の見込みも感じられず、
本当に家族にすまないと思いながらも、
なすすべなく、その生き地獄のような
日々をやり過ごしていくしか
ありませんでした。

このような日々の中でやがて、
自分の抱えるこの地獄のような
苦しみの原因は、
『心の病』なのでは?ということに
何となく気がついて行きました。

そこで、まずは精神科を受診しました。
カウンセリング(話を聞いてもらうだけ)
と医師の診察を受け、
安定剤を処方してらいました。

安定剤の効果は僕には
気休め程度にしかありませんでした。

次に、気功をベースにした
ヒーリングを受けました。

それもやはり気休め程度の効果しか、
僕には実感することができませんでした。

その次に試した催眠療法では、
しばらく通った後で改善が見られたものの、
僕自身の事情で、一時調子が
さらに悪くなった時に、
「自分を律しないといけない」と
言われ茫然としました。

それができないから困っている、
死にかけているのに。。。
その瞬間に催眠療法は諦めました。

ここまでで試してきたことは
自分にとっては大した効果を
得ることができませんでした。

どれも自分のこの不安、恐怖、
生き地獄のような苦しみを根本的に
解決してくるようなものでは
ありませんでした。

病院の精神科、投薬、ヒーリング、
催眠療法と、ここまで時間と
お金を使って、自分なりに
懸命にトライしてきたのに、
結果が出ない。先が見えない。

この不安に暗澹たる思いがしていました。
まさに袋小路にいるような心持ちで、
もう、自分だけでは、どうして
いいのかが分からなくなっていました。

限界でした。

奇跡の始まり

衝撃的なカウンセリングに
毎回号泣
不安や恐怖に満ちた
日々から脱出するための
突破口に!

そして、ある日、僕は、
もうどうしようもなくなって、
それまで避け続けてきた、
心の悩みを打ち明けることを、
ある友人に、やっと初めて
出来る機会をもちました。

それがきっかけで
心理カウンセリングの
新しい手法があることを
始めて知りました。

今思えば、僕にとって、
これが奇跡の始まりでした!

ここまで僕は、ずっと自分は
孤独だと思っていました。

誰もこの自分の不安、恐怖、
生き地獄のような日々を
分かってくれる人も、
助けの手を差し伸べられる人も
いないと感じていました。

先が見えない真っ暗闇の中に、
一人ぼっちで苦しみ続けている
自分だけがいました。

今では分かるのですが、
その時も僕は決して一人では
なかったんです。

たくさんの人たちと
繋がっていたからこそ、
何かが心理カウンセラーの
長谷川貴士さんへ導いてくれました。

長谷川さんのHPやブログを
読んですぐに連絡しました。

出来る限り直近で予約をしました。
そして、残り少ない体力を振り絞って、
2時間以上かかる道のりを、
家族が運転してくれる車で、
長谷川さんのカウンセリングルームに
向かった日のことを、
今でも昨日のことのように覚えています。
(※カウンセラー長谷川割込み:
 私もお越し頂いた日のことは
 昨日のことのように覚えています。)

それから貴士さんのカウンセリングは、
もうかれこれ20回くらい
利用したと思います。

僕にとってその毎回のカウンセリングの、
どれもが良い意味で衝撃でした。

同じ悩みについて数回のカウンセリングに
渡って繰り返し扱ってもらっていても、
毎回、毎回が別の根本原因を扱う、
違う内容になります。

そして、そのカウンセリングの
一回、一回に、悩みの解決に向かって、
着実に進んで行ることが感じられました。

長谷川さんのカウンセリングを
利用することで、これまで生きてきて、
全く意識していなかった自分の心、
行動の癖、感情の感じ方、
生き方の癖などに気づいていくことが
できました。

自分のルーツと向き合うワークでは、
ルーツの方々の存在を、
心で実感することが出来ました。
(※長谷川注※
 長谷川がドイツなどで学んできた、
 心理学の新しい研究成果である、
「ファミリーコンステレーション」
 を活用したたワークです)

それらのワークが、
不安や恐怖で出口が無いように
思われて、絶望しかけていた
日々から、僕が脱出するための
ブレークスルー(突破口)に
なりました。

僕は大人になってからは
あまり泣くことは
なくなっていましたが、

長谷川さんのカウンセリングを
利用した時には、
ほぼ毎回号泣していました。

心の底から噴き出す感情で
涙が止まらなくなります。

そのために、体力的にも
しんどいワークになることが
多かったのですが、
それでもワークの後は、
峡谷を進み続ける巨大な氷河が、
ゆっくりと谷を削り、
じわじわと絶え間なく
前進して行く動きのように、
ダイナミックな心の変化が
長期間に渡って続いていきます。

貴士さんと出会って2年以上、
月に1~2回のペースで
カウンセリングとワークを
受け続けています。

貴士さんのカウンセリングを
利用するきっかけになった、
不安や恐怖はもうすでに解決したので、
最近では、自分をより深く
探求することや、
自分の人生をより充実させ、
輝かせるために利用しています。

以前の苦しかった時期と比べれるなら、
趣味のような利用のし方ですが、
自分の心の変化や深化は終わることが
ないなぁと感じていますし、
日々の生活の中でそれは、
ずーっと継続中なことに
気が付かされます。

さらに、ワークの効果は
時に忘れた頃に実感したりもします。

僕の場合はカウンセリングを
利用した回数で言うと10回くらい
利用したところで、
自分がかなり変わっていることが
わかりました。

その自分の感覚の変化がはっきりと
分かった時のワークが印象的で、
今でもよく覚えているのですが、
自分の中から力がどんどん
噴き出すのを感じるものでした。

心を病んで風前の灯火だと思っていた
僕の命の火は、気が付けばごうごうと
燃え上がる火柱になっていました。

そうなってくると、人生が輝きだします。
それまで背負っていた手かせ足かせ、
いくつもの鉄球のような重りが
次第にはずれ、生き返ったような感覚に
なっていきました。

T.N様の様々な変化の実例

変化といえば他にも、


多忙で忘れていた
 趣味を再開しました
サッカーボールを蹴ったことも

ほぼ無かった僕が、
30歳を過ぎてからフットサルを
始めるほどのバイタリティーが
戻りました


子供の頃にあったのに、
 長らく忘れていた好奇心の再燃!

 あれをしてみたい、
 これをやってみたいという
 ワクワク・ドキドキ感と
 実際に試しにやってみる
 チャレンジ精神が戻ってきました


悪魔の囁き(自分を惑わせ
 苦しめる余計な心の声)
 が消えました

心の病で、苦しんでいるときには、
家族との会話の中で、
「また来年ディズニーランドへ
 行こうね」なんて誰かが言ったなら、
僕の頭の中では
「来年には死んでしまって
 行けないかもしれんけどな」
みたいな、天邪鬼(あまのじゃく)
のような悪魔の声がありました


年中苦しめられていた
  鼻炎の激減


起業した仕事では、
ルーティンワークのように
なっていた農作業に、
初心が戻ってきた
(みんなを野菜で喜ばせること、
 世の中を食べ物で
 心豊かにすること)

さらに、そのためには
自分が幸せに働くことが
まずは大事なのだと確信
できた


自分の五感の感度が上がり、
世の中の美しさをより感じながら
生きていけるようになった


地元のお祭りに、誇りをもって
 尽力できるようになった
(以前はいまいち集中できてなかった)

 町に脈づく誇りや心意気を
 感じられるような
 体質になったことで、
 祭りや町との関わりから、
 僕自身が力を授かったかのように、
 エネルギーが湧いてきた


これ以外にも、自分でも
気が付けていない変化も
まだまだあると思われるので、
書き出せばきりがないと
思うくらいに変われたと
思えています。

とにかく日常生活が
格段に楽になって、
毎日が楽しくなりました

状況や環境は特に変わらなくても、
心に大きな余裕ができたのか、
山や空などの自然からも
エネルギーを感じるようにも
なりました。

見る世界が変わって、
この世はこんなにも美しいもの
だったのかと
思うようにもなりました。

けれども、もちろん、
嫌なこともあるし、
苦しい時もある。

人生を生きていくには
全く無くしてしまうことの
出来ない不安も恐怖も、
無視したり、抑え込んだりせずに、
感じていくことが大事だし、

そんなときの感情こそ
大切にするなら、
その後に手に入るものも
大きいことを学びました。

長谷川さんのカウンセリングには
  希望があります!

この2年半ほどの経験を経て、
最近ではさらなる人生の大きな
変化の時期に来ていると感じています。

これまでの仕事の方向性や、
新たな事業や、生き方の可能性、
様々な展開が見えてきています。

と同時に苦しさを感じている
自分の心も、またここに同時あります。
これはまた大きなビッグウェーブの
前触れと感じられています。

僕にとってはここ3年で
3回目のビックウェーブの予感です。
この波に乗って新たな大海へ乗り出すか、
荒波に飲み込まれ溺れるか?
その選択は自分次第。
今はそう思えています。
でも心配はありません。
僕には、長谷川貴士さんを始め、
今ではたくさんの同志がいるからです。

もう何が起きてもみんなで進んでいこう!
そう確信が出来るようになりました。

『今苦しみの中にいる未だ見ぬ
 心優しき英雄たちよ、
 今こそ最初の一歩を踏み出し、
 いつの日か大海原で会おう!』

今は何かこんなことが
言いたい気持ちなんです!

不安や恐怖にさいなまれ、
生き地獄のような日々を
どうにかやり過ごしていた自分が、

こんな前向きで大きな気持ちを
持てるようになったことは、
ほんとうに今、あらためて
振り返ってみても
奇跡のように思えています。

この僕の体験談が、
今、まさに苦しさの只中に
いらっしゃる皆さんにとって、
わずかでも希望になることを
願っています。

もし、この僕の体験談で
感じるものがあった方は、
ぜひ、カウンセラーの
長谷川貴士さんの門を
叩いて見られることをおすすめします!

それが、みなさんにとっても、
奇跡のようなご縁になることを
心から願っています。

海を見つめる男性

お客様の声は下の
リンク先のページからも
まだ、まだお読み頂けます

【お客様が1、2回目のカウンセリングを
 利用された後の声を中心に集めています】

お客様の声<1、2回目利用時>

【お客様がカウンセリングを6回以上
 利用された後の声を集めています】

お客様の声<6回以上利用時>