【セルフワーク解説】母親への思いは重要<後編> - 心理カウンセリング 大阪・箕面

【セルフワーク解説】母親への思いは重要<後編>


【カウンセラー長谷川】:

幸せになるためには、
実は、心の準備が
必要なんだよ。

 

【柴犬うみ】:

そうなの。あたしには
幸せになる心の準備って
あるのかな?

 

「今より幸せになるための

心の準備が出来ていますか?」


私たちが、自分が望んでいる幸せを

掴むためには、実は、

「幸せになるための心の準備」

が必要です。


「幸せになるための心の準備」

が出来ていなければ、


無自覚の内に幸せを避けたり、

壊してしまう行動や言動を

繰り返してしまいます。


「努力や苦労ばかりが続いているのに、

 なぜか、いつまでも何も

 手に入らないのが私の人生」


こんな風に感じてしまいます。


こんにちは。

心理カウンセラー

長谷川貴士です。

 

  • 今より幸せになるための
    初めの一歩
  • 自分に幸せになるための
    心の準備があるのか?無いのか?
    が分かるセルフワーク
  • 「今より幸せになるための
     準備を整える」ために

 

この記事を動画でご視聴頂けます。
こちらから⇓(動画の長さ:14分03秒)

 

 

1:今より幸せになるための
  初めの一歩


私たちが今より幸せになるための

心の準備として、

とっても大切な要素の一つが、


自分の心の中にイメージとして持っている、

 お母さんの幸せ度合」です。


「自分の心の中にイメージとして持っている、

 母親の幸せ度合」が高いと、


自分が今より幸せになるための

心の準備がより整っている状態です。


逆に、「自分の心の中にイメージとして持っている、

お母さんの幸せ度合」が低いと、


自分が今より幸せになるための

心の準備がない状態です。


私たちは、その状態では、

自分でも気が付かない内に、


幸せになるためのチャンスに
踏み出せず、

幸せを拒否してしまいます。


今回の記事では、

「自分の心の中にイメージとして持っている、

 お母さんの幸せ度合」が

高いのか?それとも低いのか?


つまり、

自分に今より幸せになるための

心の準備が「ある」状態なのか?

それとも、「ない」状態なのか?


これが、自分ですぐに分かる、


誰にでもできる、

シンプルなセルフワークを

解説させて頂きます。

 

 


ここで、

私たちが今より幸せになるための

心の準備として、

とっても大切な要素の一つが、なぜ?


「自分の心の中にイメージとして持っている、

お母さんの幸せ度合」なのかについて、

一言でお伝えしますね。


私たちが今より幸せになるための

心の準備として、

とっても大切な要素の一つが、


「自分の心の中にイメージとして持っている、

 お母さんの幸せ度合」である理由は、


私たちには、自分でも気が付かない内に、


「自分の心の中にイメージとして持っている

 お母さんの幸せ度合」と


「自分の幸せの度合」を

合わせようとする心の働きがあるからです。


それではなぜ?

そんな心の働きがあるのか?

については、


前回の記事

【深層心理の話】母親への思いは重要<前編>

で解説させて頂いていますので、


まだ前回の記事を読まれて

いらっしゃらない方は、


前回の記事も合わせてお読み頂けると

自分が今より幸せになるための、

初めの1歩が、


「自分の深層心理に抱えている

 お母さんのイメージを知ること」


であることが、

より深くご理解頂けると思います。

 

 

2:自分に幸せなるための
  心の準備があるのか?
  
無いのかが分かるセルフワーク


それでは、さっそく、

私たちが今より幸せになるための

心の準備として、

とっても大切な要素である


「自分の心の中にイメージとして持っている

 お母さんの幸せ度合」について、

自分ですぐに分かる


セルフワークの手順と注意点、

セルフワークを行った結果の意味について、

解説させて頂きます。

 

< 手順 1 >

まずは目をつぶって下さい。


< 手順 2 >

目をつぶったまま、

目の前に「お母さん」が居るのを

イメージしてみてください。


( 注意点 A )

「お母さん」をイメージする時には、


「いつも実家に帰ると出迎えてくれる時の

 お母さんをイメージしよう」とか、


「私のお母さんはいつも怒った顔をしているから

 そのお母さんを思い出そう」とか、


こんなことを思わずに、

意図を持たずに、


ただ、ぼんやりとお母さんを

イメージしてみてください。


ただ、ぼんやりとお母さんを

イメージしてみて、


自然とお母さんのイメージが

見えてくるのを待って下さい。


( 注意点 B )

お母さんのイメージが見えない人や、


お母さんのイメージは

ぼんやりと見えていても、


顔や表情が見えない人も

いらっしゃるかと思います。


お母さんのイメージが

見えないことや、


お母さんのイメージは見えても、

顔や表情が見えないことも、


自分が今より幸せになるための

心の準備が「ある」状態なのか?

それとも、「ない」状態なのか?などの


自分の心の状態について、

分かる大切なヒントです。


おかしなことではないので、

それで大丈夫ですので、

安心されて下さい。


< 手順 3 >

目をつぶった状態で見えている、

イメージのお母さんの顔や、

表情に注目してみてください。


( 注意点 C )

お母さんのイメージが見えない方や、


「お母さんのイメージは
見えるけど、 

 顔や表情が見えない」方は、


お母さんのイメージそのものや、

お母さんの顔や表情が見えないことで、


今、自分がどのような気分や、

気持ちになっているのか?

に注目してみてください。


< 手順 4 >

お母さんの顔や、表情が

おぼろげでも、ハッキリでも

見えている方は、


お母さんの顔や、表情は

どのような顔なのでしょうか?


笑っていますか?

怒っていますか?


泣いていますか?

それとも、疲れた様子で

無表情なのでしょうか?


そのお母さんの顔や、表情に

目を向けていると、


自分が、どのような気分や

気持ちになってくるのかに、

注目してみてください。


自分の気持ちや気分に

注目する時間をしばらく取ります。


目安は1分~3分くらいです。


< 手順 5 >

ゆっくり目を開けます。

自分の今の気分に注目します。

 

( セルフワークを行った結果の意味 )


ゆっくり目を開けて、

自分の今の気分に注目した時、


温かさや安心感が感じられて、

良い気分なのか。


それとも、重苦しく、

沈んだ気分なのか。


腹が立ったり、泣きたいような

ひどい気分なのか。


結論からお伝えしますと、


笑顔の表情のお母さんの

イメージが自然と浮かんできて、


その様子に目を向けると、

温かさや安心感が感じられて、

良い気分になった方は、


「自分の心の中にイメージとして持っている

 お母さんの幸せ度合」が高い状態にあります。


その状態は、

「自分の心の中にイメージとして持っている

 お母さんの幸せ度合」が低い状態と較べて、


幸せになるための心の準備が

より整っていると言えます。


お母さんのイメージや顔や、表情が

見えなかった人も含めて、


それ以外の方は、

「自分の心の中にイメージとして持っている

 お母さんの幸せ度合」が十分に高いとは

 言えない状態です。


なので、今より幸せになるためには、

まずは、幸せになるための心の準備を、

整えていくことが役に立つ状態です。


(セルフワークの手順まとめ)


< 手順 1 >

まずは目をつぶって下さい


< 手順 2 >

そして、目をつぶったまま、

目の前に「お母さん」が居るのを

イメージしてみてください


< 手順 3 >

目をつぶった状態で見えている、

イメージのお母さんの顔や、

表情に注目してみてください


< 手順 4 >

お母さんの顔や、表情が

おぼろげでも、ハッキリでも

見えている方は、


そのお母さんの顔や、表情に

目を向けていると、


自分が、どのような気分や

気持ちになってくるのかに、

注目してみてください


自分の気持ちや気分に

注目する時間をしばらく取ります。

目安は1分~2分くらいです。


< 手順 5 >

ゆっくり目を開けます。

自分の今の気分に注目します。


(手順のまとめここまで)

 

 

今回解説させて頂いた上記の

セルフワークのように、


私たちが意図や作為を持たずに、

ただ、お母さんをイメージした時、


思い出したイメージの

お母さんの表情が笑顔ではないならば、


私たちは深層心理に

お母さんに対しての

「罪悪感」を抱えている可能性が

高い状態でもあります。


お母さんに対しての「罪悪感」を

深層心理に抱えていると、


私達は、無自覚の内に、

自分の幸せを減らしたリ、


壊したりする行動や言動を

選んでしまいます。


そうすることで、自分の毎日を、

「自分が心の中に持っている

笑顔のないお母さんのイメージ」と同じ、


笑顔の無い毎日に留めておこうと

無自覚の内にしてしまいます。

 

< 例えば >

「結婚や、夫婦関係、

 パートナーシップ」


「心の中に抱えている

お母さんのイメージ」が、

笑顔でないならば、

 
結婚や、夫婦関係、

パートナーシップから

得ることが出来るものを、


イメージの中のお母さんと同じく

笑顔が少ないものに留めようとして

しまいます。


結婚や、夫婦関係、

パートナーシップから

得られるものが


自分が笑顔になるような

喜ばしいものではなくなるように、


無自覚の内に、自分を

仕向けてしまいす。


私たちのパートナーに向けての

言動や、行動が、無自覚の内に、


二人の間の笑顔や減らしたリ、

温かな関係性を壊すものばかりを

選択しがちになります。


パートナーと仲良くしたいはずなのに、

なぜか?パートナーの嫌がることや、


パートナーを怒らせることを、

繰り返し行ってしまうことが

止められない状態になります。


私たちは、幸せの量や

大きさを自ら減らすことで、


心の中にイメージとして持っている、

笑顔の無い、不幸なお母さんのイメージと、


自分の笑顔の無い、不幸な日々が

ぴったりと重なっていることに、

深層心理の部分で安心します。


それと同時に、


「自分の心の中に持つ

 イメージのお母さん」より、


自分だけが幸せになってしまうと、

抱えてしまうことになる


「罪悪感」を避けることが

できたことにもほっとします。


これが、

今回のセルフワークのように、


私たちが意図や作為を持たずに、

ただ、お母さんをイメージした時、


思い出したイメージの

お母さんの表情に笑顔がなく、


母親に対しての「罪悪感」を

深層心理に抱えている状態で

起こり易いことの例でした。

 

 

3:「今より幸せになるための
   準備を整える」ために


それでは、ここからは、

「今より幸せになるための

 準備を整える」ために、


私たちが心の中に持っている、

イメージのお母さんの顔を

笑顔に変えるためには、


私たちに出来る事は

何があるのか、について

解説させて頂きます。


心の中に持っている、

イメージのお母さんに笑顔が無い時、


私達は、心の中で、

お母さんに次のように伝えています。


「お母さん、あなたの十分に

 幸せだったとは言えないその境遇や、

 笑顔の無さに合わせて、


 私も不幸な状態にとどまり、

 笑顔にならないようにしておきます。


 お母さん、これが、
私からの

 あなたへの最大限の愛です。


 どうか受け取って下さい。

 そして、私を愛して下さい。」

 


さて、私たちがこの言葉を

実際に自分のお母さんに伝えるとしたら、


私達のお母さんは、

笑顔になるでしょうか?


それとも顔を曇らせるでしょうか?


上記の答えについて、

これまでに私が、


お客様をカウンセリングで

サポートさせて頂いてきた中で、

見てきたことは、常に後者でした。


子供が不幸になって、

笑顔が少なくなることを望み、

喜ぶ母親はいません。


お母さんは、いつもでも

私達の幸せを

心の深いところから願っています。


このことを信じることが

出来ない方や、反発を覚える方も、

少なくないと思います。


しかし、カウンセリングの
時間の中で、


自分の心の奥深い所だけが知っている、

自分の心の真実を見つけ、

実感する場面では、


私達の幸せを一片の迷いもなく

願っているお母さんと出会います。


私たちの存在、それ自体が、

お母さんにとって、


何よりも大切な宝物であったことに

気が付きます。


その時、私達は、いつも顔が

曇りがちであったお母さんが、


ただつらいだけの日々を

過ごしていたのではなかった

ことに気が付きます。


お母さんは、娘や息子の自分が居る。


ただ、それだけで、すでに、

十分なほど幸せであったという

事実と出会います。


そして、自分の心の中にある

お母さんの顔のイメージに

笑顔が灯ります。

 

私達の心にお母さんの笑顔が生まれた時、

私達はもう、自分自身で幸せを

減らす選択を繰り返して、


笑顔の少ない日々を(無自覚の内に)

自ら作り出し続ける理由を失います。


その時、私達は幸せへの道を

自由に進むことができるようになります。


私達が、お母さんより幸せに

なることができるならば、


お母さんはその幸せな私達より

120%増しの幸せになります。


お母さんにとって、

お母さん自身に訪れた幸運より、


子供が幸せになることの方が、

より気持ちを、明るく、温かくさせます。


お母さんが笑顔で、気分が明るく

温かであるならば、子供である私達は、

いつでも安心していられます。


私たちは、この「気付き」と、

心理状態にたどり着く時、


私たちの深層心理にある、

「罪悪感」が作る仕組みと働きを、

解消することができます。


これが、


「今より幸せになるための

 準備を整える」ために、

私たちが出来る事です。

「いつも私は貧乏くじばかり引いてしまう」


「私の分の幸せなんて、

 もうこの世の中には無いんだ。」


「今より幸せになるための心の準備」が

全然なかったかつての私は、


いつも、こんな風に感じてばかりの

人生を生きていました。


そんな私も、カウンセリングの

サポートを利用して、


「今より幸せになるための

 準備を整えた」ことで、


心の専門家としての仕事と

自分の家族を持つことができました。

 


この記事をお読み頂き、

「今より幸せになるための心の準備」

を整えたい、そう思われた方は、


ぜひ、私のカウンセリングを

ご利用頂ければと思います。

お力になります。

============

【深層心理の話】母親への思いは重要<前編>

============

>ブログ記事一覧へ