2:日本人の99%がまだ知らない 心の不調の真の原因

心理カウンセラー

長谷川 貴士です。

今回もよろしくおねがいします(._.)、


これからお読み頂く内容の中には、

日本ではまだ、99%以上の方がまだ知らない

(心理の専門家だけが知っている)

内容も含まれています。


そのために、

「それって初めて聞く話だけど本当なの?」

と感じられる情報もあるかもしれません。


しかし、これからお伝えさせて頂く情報は、

実際に、私が日々のお客様との

カウンセリングに活用している

知識とスキルの情報です。


その知識とスキルは、

お客様の心が癒されることで、

生きづらさを解消することや、

人生を変えて行くことに

とても役に立っています。


上記の知識とスキルとは私がこれまでに、

日本や海外の様々な先生から

学ばせて頂いた知識とスキルです。


その知識とスキルとは、主には

ファミリーコンステレーションと呼ばれるている、

20世紀後半から現在まで発展を続けている

心理学と哲学分野を横断している

知識体系とスキルです。


それに加えて、上記の知識とスキルを用いて、

実際に私がお客様にカウンセリングを

提供させて頂いてきた日々の経験の中で、


新たに導き出された知見も

お客様が人生を変えることに役立っています。


ここからお伝えさせて頂く情報は、

これまでに日々の生きづらさを解消するために、

色々と取組んではきたけれども、まだ十分な結果が

手に入っていない方が、


「生きづらさ」を解消して

今よりも幸せになることが

自分もきっとできる!

この希望を取り戻すことに役に立つ情報です。

   

  • 生きづらさの「真の原因」とは?
  • 「家族への隠れた愛」とは?
  • 「家族への隠れた愛」が
    「生きづらさ」を作る2つのケース
柴犬うみと花のイラスト

    

<1> 生きづらさの「真の原因」とは

   

カウンセリングでは、

「生きづらさ」を解消するめに、

「(自分一人で)思い出せる」

子供の頃の記憶を扱うことがあります。


そこでは主に

・子供の頃の
 トラウマ体験を癒すこと

・心の中で
 両親と和解すること

この2つを目指します。


この方法は、これまでの実績から

生きづらさの解消に有効であることが

分かっています。


しかし、この方法だけでは

生きづらさを解消し切れないケースがあることも、

これまでの経験から分かっています。


なぜ、このようなことが

起こるのでしょうか?


それは「生きづらさ」の『本当の原因』が、

・心の中での両親との和解

・子供の頃のトラウマ体験を癒す

この2つ以外にあるからです。


つまり、自分で「思い出せる記憶」中にある

心の傷を癒すだけでは、

「生きづらさ」を十分に解消することが

できないことがあります。


私達の「生きづらさ」の「本当の原因」は、

自分では「思い出せない記憶中に

あるケースが多く見られます。


私が、そのことを初めて教わったのは、

オーストラリアから来日された、

スティーヴ・ヴィナイ・ガンサー先生からでした。


ヴィナイ先生は、オーストラリアで

国家認定のカウンセラー教育プログラムを

提供されていた先生です。


ヴィナイ先生からは、

「生きづらさ」の『本当の原因』は、

【 家族への隠れた愛 】だと、教わりました。


私達の誰もが心の深いところに抱えている

【 家族への隠れた愛 】は、私達が

自分一人では思い出せない【記憶】に属しています。

ファミリーコンステレーションセミナー参加
< 手前中央がヴィナイ先生、その左隣の男性が私(2013年)>

<2> 「家族への隠れた愛」とは?

   

これから解説し、お伝えする情報は、

「心の不調」を解消するための

「核」となる重要な情報です。


しかし、同時に、

これからお伝えする情報は、

ほとんどの方にとっては、

初めて耳にする情報になると思います。


そのために、

すぐには理解しづらい内容に

なるかもしれませんが、

どうぞ、

気楽にお読み頂ければと思います(._.)、

    

心の不調克服のための「核」になる情報

    

私達は、たとえ自分の両親を

嫌っていたとしても、


祖父母やルーツの方々に

悪い印象を持っていたとしても、


心の深い所では、

家族の全員をとても

深く愛し続けています。


そのために、

以下に示すような出来事が

家族の歴史の中に

起きていたならば、


私達は、

家族を愛しているがゆえに、

無意識の内に

とても心配をしています。


出来事の例

 1:両親や祖父母の離婚

 2:両親の早過ぎる死

 3:両親の兄弟の早過ぎる死

 4:自分の兄弟の早過ぎる死

 5:両親が夢をあきらめたり、
   断念せざるを得なかった

 6:祖父や祖母の戦争体験

など。

「早過ぎる死」とは、
 子供の頃や40才くらいまでに、
 病気や事故で亡くなってしまうことを指しています。
 流産や中絶も含みます。

   


家族の歴史の中に

このような出来事があると、

その出来事を経験した家族は、

「心の傷」を負うことがあります。


そして、その「心の傷」が

十分に癒されないままだと、

その「心の傷」は

「 家族 記憶 」になり、

家族メンバー共有し、

子孫受け継ぐ「記憶」なります。


私達は、気づかない内に、

この「家族の記憶」

深層心理に受け継いでいます。


この「家族の記憶」こそ、

自分では「思い出せない記憶」です。


そして、私達は、

この「家族の記憶」の情報から、

「心の傷」がまだ癒されていない

家族のメンバーが居ることを

深層心理の中で知ります。


そして、

家族への愛ゆえに、

その心が傷ついた家族メンバーの

助けや支えになりたいと望み始めます。


この思いが、

【家族への隠れた愛】です。


この「家族の記憶」

【家族への隠れた愛】こそが、

私達の「心の不調」の『真の原因』です。


なぜ?そう言えるのか?

その理由については、

次の章で詳しく解説させていただきます。

  

私達が「心の不調」を

克服するためには、

自分の深層心理にある、

【家族への隠れた愛】に

気が付くこと

「家族の記憶」を癒すこと


これが必要となります。


私の提供している

心理カウンセリングでは、

自分一人では行うことが難しい、

この気付きと、癒しを

サポートしています。

苦しみは終わらせることができます

   

<3> 【家族への隠れた愛】が
 「心の不調」を作る2つのケース

   

「家族の記憶」と

【家族への隠れた愛】が、

私達の「心の不調」の

『真の原因』と言えるのは

なぜか?


2つのケースを示して

解説させて頂きます。

ここがポイント!

=========

<ケース1>【 愛による寄り添い 】


私達が泣きたいぐらいに、

つらく、苦しんでいる時。

その思いに、黙って寄り添い、

近くに居てくれる人がいたのなら、

一人ぼっちでいるよりも

ずっと心強いと思います。


これは、

黙って寄り添うこととは、

「愛」の表現だからです。


「愛」は相手を自分の

都合の良いように

変えようとはしません。


相手の状態を尊重して、

待つことができます。


私達が受け継いでいる、

「家族の記憶」の中で、

家族の誰かの「心の傷」が

まだ癒されていない時、


私達は、そのつらい経験のため、

苦しんでいる家族に、心の中で

黙って寄り添おうとします。


これが、私達から

家族への「愛」の表現です。


私達が、「愛」を持って、

つらい気分の家族に寄り添う時、


私達もまた、家族と同じように

つらい気分になります。


この傷ついた家族に

心理的に寄り添い続けるつらさが、

何年も、何十年もの間、続くならば、


私達はストレスに弱くなり、

「心の不調」になり易くなります。

   

====以下、< 例 >です。====


<両親の離婚を経験した子供のケース>


離婚は、

子供の父親にとっても、

母親にとっても

辛い出来事です。

心に傷が残ることもあります。


子供は、親に出来たその心の傷に、

無意識の内に気が付き、

心配し始めます。


そして、その心の傷に

心理的に寄り添います。

そして、その分、

元気を減らします。


その状態が何年も、

何十年も続くと、

気分が滅入ってきます。


そのために、

親が抱える「心の傷」が

自分を苦しめている

かのように思い始め、

親を憎むようになります。


親に対してイライラし始め、

怒りっぽくなります。


やがて、このイライラや

怒りっぽさは、

親以外にも向くようになります。

そのために、イライラし易く、

怒りっぽいことで、

日常生活で、損をしたり、

失敗することが続くようになります。


その結果、自分に自信を

失いがちになります。


また、イライラし易く、

怒りっぽいことで、

パートナーシップや人間関係が、

どうしてもうまく行かず、

絶望的な気分になって

しまうかも知れません。


このように、初めは、

「心の傷」を抱えた親に対しての

心配や愛情であったものが、

子の人生にストレスを増やします。


そして、

イライラし易い、怒りっぽい、

このような

「心の不調」を作ります。


これが、

【 愛による寄り添い 】

「心の不調」の『真の原因』に

なっているケースの例でした。

   

   

<ケース2>【 お葬式・弔い 】


家族の死を弔う時、

私たちは家族の死に

向き合う時間を持ちます。

お通夜やお葬式はその時間です。


家族の歴史の中で起きた

家族のメンバーの早過ぎる死は、

家族の他のメンバーに

「心の傷」を残すことがあります。


その家族の「心の傷」が

十分に癒されていない時、

早くに亡くなってしまった

家族への未練や思慕が減らずに、

お葬式の時のような気分が

いつまで抜けないことがあります。


その、「心の傷」や

お葬式の時のような気分が、

「家族の記憶」となり、

家族のメンバーの間で共有され、

親から子へと

受け継がれていきます。


そして、私達にそのような

「家族の記憶」が

受け継がれていると、

気が付かない内に、

家族の早過ぎる死のために

「心の傷」を負った

家族のメンバーに

心理的に寄り添い始めます。


その時、

その家族のメンバーと同じく、

お葬式のような気分に

なってしまいます。


私達は、家族の死と

向き合う時間である、

お葬式の時に、

楽しい気分や元気にはしゃぐ

気分にはなりませんね。


明るい将来に希望を

膨らませて、わくわくしたり

自分が持っているものの良さに

目を向けたりもしないでしょう。

笑顔も失ってしまいます。


このよう状態が

長い時間続くのなら、

私達は塞ぎ込み、

ストレスに弱くなり、

「心が不調」な状態に

なり易くなってしまいます。

====以下、<例>です。====


<母親が子供の頃に
 姉の死を経験しているケース>

 

母親の中に、

子供の頃に経験した

姉の死にまつわるショックや

悲しみが残っていて、

「心の傷」となっていると、

それは、「家族の記憶」

となります。


そして、それは、

子供にも受け継がれます。


子供は、無意識の内に、

母親が姉の早過ぎる死に

ショックを受け、悲しみ、

「心の傷」を抱えていることに

気が付きます。


そのために、

母親への愛のために

母親を心配し始めます。


そして、

母親が死者(母の姉)を

気に掛け続けている気分に

寄り添うことで、

自分もお葬式のような気分が

続くようになります。


このために、

自分が何をすると楽しいのかが

分からなくなったり、

自分の明るい未来を描くことが

できなくなったりします。

人とも明るく交流することが

難しくなります。


そして、

そのことがストレスとなり、

「心の不調」になり易くなります。


これが、

【 お葬式・弔い 】

「心の不調」の『真の原因』に

なっているケースの例でした。

   

   

この2つのケースが、

自分では「思い出せない記憶」

である、

「家族の記憶」の中に居る、

「心の傷」を抱えた家族メンバーへ、

私達が愛を向けること

(=【家族への隠れた愛】

から

「心の不調」が起きている

ケースでした。


この2つのケースのように、

私達が、

【 家族への隠れた愛 】

を持っていることが、

「心の不調」の『真の原因』

となっていることが多いです。


   ◇ ◇ ◇


今回の内容は

いかがだったでしょうか?

私は、

「心の不調」克服のために

【 家族への隠れた愛 】を見つける

心理カウンセリングを

提供しています。


その心理カウンセリングで、

どのようにして、

「心の不調」を克服する

ためのサポートをしているのか。


次回とその次の記事を

お読み頂ければ、

分かるようになっています。

   

次回の記事では、

「 心の不調 」の『 真の原因 』

からは一度離れます。

そして、

「なぜ?私達は同じ失敗を

繰り返すの?その理由は

『〇〇〇〇』です。」

をお伝えします。


心の中にある、「〇〇〇〇」が

私達の人生を支配している。

そう言えるかも知れません。


頑張っても、努力しても、

同じ失敗から抜け出せない時、

私達は絶望して、

そのストレスから、

「心の不調」になり易くなります。


次回は人生で同じ失敗を

繰り返してしまう原因について

解説させて頂きます。

それでは

次回もお楽しみに(^^)/

次の記事はこちらから

3:私達がなぜか?同じ失敗を繰り返す理由『人生脚本』

====================

>ひとつ前の記事に戻る
1:頭で考えて対処しても良くならない「心の不調」の秘密

====================

「心の不調解消」記事はこちらから