3:私達がなぜか?同じ失敗を繰り返す理由『人生脚本』 - 心理カウンセリング 大阪・箕面

3:私達がなぜか?同じ失敗を繰り返す理由『人生脚本』


人生で同じような失敗が

繰り返されてはいないでしょうか?


もし、そうだとしたら、その理由は

自分の深層心理にあるかも知れません。


心理カウンセラー

長谷川 貴士です。


また、同じ失敗。

また、同じことの繰り返しで、

うまくいかない。


こんな自分、こんな人生は

もう嫌だ。やめたい。


こんなことを思ったことは

ありませんか?


私はあります。


そして、

それは私にとって、

とても悲しくなる

元気を減らす思いでした。


頑張っているのに、

努力しているのに、

同じ失敗、

同じことの繰り返しばかりで、

前に進めない。


このような時に感じられる、

徒 労 感 や、

絶 望 感 は、

とても大きなストレスとなり、

「心の不調」の大きな原因となります。


それでは、なぜ?

私達は、同じ失敗、

同じことの繰り返しばかりで、

前に進めない。


こんな状態を

頑張っても、努力しても、

変えることができないのでしょう。


その原因は「人生脚本」でした。

  

  • 7歳までに人生が決まる「人生脚本」の強制力
  • 「人生脚本」は「家族への愛」から生まれる
  • 「人生脚本」は子供の頃の「怖れ」から生まれる

   

柴犬うみと花のイラスト

   

<1>7歳までに人生が決まる
 「人生脚本」の強制力

   

実は、

私たちの一生は、

7歳くらいまでに

人生の終わりまで

すでに、全て決まっている

と言われています。


つまり、


友人が多いのか、少ないのか。


学校生活が楽しいのか、苦しいのか。


どんな進路に進んで

どんな職業を仕事にするのか。


どんな恋をして、

結婚するのか、しないのか。


家庭を持つのか、持たないのか。


何を楽しみにして、

何に悩むのか。


などなど、

人生の様々な場面で

経験する出来事やその結果が、

7歳の頃までに全て、

決まっているのです。


この考え方が

「人生脚本」です。


この「人生脚本」とは、

20世紀に活躍した

精神科医・エリック・バーン

によって提唱された考え方です。


人間は子供の頃に

 無意識の内に

 決めたルールや信念を、

 一生、繰り返し、守りながら

 生きているようだ。


これが、

エリック・バーンが

精神科医として

沢山の人達を観察していて

気が付いたことでした。


その、子供の頃に決めた

ルールや信念の集まりで、

私達の「価値感」が作られます。


その「価値感」に基づいて、

私達は、自動的に、

日々出会う人や、情報や

出来事を判断します。


例えば、

子供の頃に、約束を守ってもらえず、

哀しい思いが多ければ、


「人は信用できない」

という信念のもとに、


「人や約束を疑う」

というルールを

無意識の内に作るかも知れません。


そして、

「この世界は安心できない場所だ」

このような価値観を通して

日々出会う人達、情報を

見始めるかも知れません。


このように「価値観」とは、

出会ったものに対して、自動的に

判断や反応、態度を決める、

「心の型」のことでもあります。


この

「心の型」(=価値観)の集まりが

人生のシナリオ(=台本・脚本)

となります。


これが

「人生脚本」の考え方です。


自分の「人生脚本」が

幸せになるシナリオなら

良いですよね。


しかし、必ずしもシナリオは、

自分が幸せになるもの

ばかりではありません。


人生で同じ失敗をいつも、

シナリオ通りに

繰り返すこともあります。


恋愛や、仕事などで、

いつも同じような場面で

前に進めなくなったりする

こともあります。


私達は、

望む、望まないに関わらず、

自分が7歳の頃までに決めたシナリオを

無意識の内に繰り返し、

「人生脚本」に定められた方向に

導かれて行きます。


これが「人生脚本」が持つ強制力です。

   

ここがポイント!

   

<2> 「人生脚本」は家族への愛から生まれる


  

では、一体なぜ?

私達はわざわざ「人生脚本」を

作るのでしょうか。

理由は、

大きく分けて二つだと

私は考えています。


一つ目は、

前回にもお話させて頂いた、

「家族への愛」

のためです。


私達には、「家族への愛」が

あるがゆえに、

苦しんでいる家族、

余裕を失っている家族を

助けたいと願います。


特に子供は、

いつでも両親の助けになりたい

と願っています。


しかし、

小さな子供時代に

両親のためにできることは

限られています。


そこで、

両親の助けになりたい子供は、

自分の望みをあきらめます。


つまり、

わがままを言わない

いい子になります。


その延長で、

反抗期が無くなる

子もいます。


これは、子供にとって

ものすごく負担が大きく

つらいことです。


しかし、

両親への愛のために、

ガマンをやり遂げようとします。


この自分の望みを捨て去る

つらく、苦しい

ガマンをやり遂げるために、

「信念とルール」を作り、

ガマンを自動化させます。

   

柴犬うみと竹


====以下、<例>です。====


<余裕のない母親に相手にされずに
  ガマンをしてきた子供のケース>


このような子供は、

「私はもともと誰にも愛されない存在。

 だから、お母さんが

 私を愛してくれなくても

 それは普通のことだ。」


このような「信念」を作り、

自分をなだめ、なぐさめます。


そして、余裕のない母親に

わがままを言って困らせる

ことをしないことで、

母親を助けます。


さらに、

「誰かが私に手を

 差し伸べてくれても、

 私はその手に自分の

 手を伸ばさない。

 愛などこの世界に

 存在しないのだから。」


このような「ルール」を作ります。

そして、これが「心の型」となり、

子供の頃の 母親に対してや、

大人になってから

自分の愛している人への

自動的な反応となります。


無意識の内に、

自動的に他者からの「愛」を

避けるようになります。


このような無意識の

「心の型」からの反応の束が

「人生脚本」となり、


気付かないうちに

私達はいつも

同じような苦しみに

導かれてしまいます。


柴犬うみと草

   

<3>「人生脚本」は
  子供の「怖れ」から生まれる

   
 

「人生脚本」ができる理由の二つ目は、

7歳くらいまでの子供の「怖れ」

のためです。


「怖れ」があると、なぜ?

私達は、「人生脚本」を作るのか。

例を挙げますね。

 

【 例 ① 】———————

7歳頃までの間に、

些細(ささい)な失敗や

間違いをするといつも

親から

「怖さ」を感じるくらい

怒られていた。

———————————–


このような子供は、

「少しでも、間違ったり、

 失敗したりしたら ダメなんだ」

「いつも正解を選んで、

 成功し続けないと いけないんだ」

「そうしないと、

 怖いことが起こるんだ…」


このように、

思い込んでしまうかもしれません。


親から怒られる

「怖さ」を避けるために、


「間違ってはダメ」

「失敗してはダメ」

「成功し続けないとダメ」


ということを、

『生き方のルール』として

決めるかも知れません。

【 例 ② 】———————

7歳頃までの間に、

一人では出来ないことがあって、

分からなくて不安で、

「怖さ」を感じても

周囲から助けを得られなかった。


親が助けてくれず、逆に、

出来ないこと、分からないことを

「怖い」くらいに叱られた。

————————————-


このような出来事を

多く経験した子供は、

「いつも一人で頑張らないと

 ダメなんだ」

「分からなくて不安になることや、

 怖がることはダメなことなんだ」

「何でもひとりでできる、

 強い自分でなければダメなんだ」

「そうでないと

 怖いことが起こるんだ」


このように感じて、

「一人で頑張らなければダメ」

「強くなければダメ」

という『生き方のルール』を

決めるかも知れません。

   

【 例 ③ 】——————–

7歳頃までの間、

両親に喧嘩が絶えず、

「怖い」思いをした。


両親の間に、

心理的な溝があるように感じられ、

あたかも両親が

敵対しているかのように感じられ、

「怖かった」

————————————-


このような経験は、

幼い子供にとっては

とても「怖い」ことです。


どうしたらよいか分からず、

どちらの味方に付くことも出来ずに、

ただ「怖さ」や不安の中に

身を置くことしかできません。


その「怖さ」や不安から

少しでも抜け出すために、

両親のどちらかに

味方するかも知れません。


「お母さんがかわいそう」

「私はお母さんを助けて、味方になる」

「お父さんは悪者で敵」


このように

「生き方のルール」を

決めるかも知れません。

    

柴犬うみと家

   

このように、

7歳くらいまでの経験の中で、

強い「怖れ」や「不安」の感情に出会うと、

それを避けるための、

「生き方のルール」を作ります。

そうすることで、私達は、

その後の人生で同じような

「怖さ」や不安を感じる出来事に

出会いそうな時や、出会った時に、

できるだけ早く、自動的に

その「怖さ」や「不安」を

回避しようとします。


このように自動的に

心が反応することを「心の型」

私は呼んでいます。


ここで、【例①】について、

もう一度みてみましょう。

  

【 例 ① 】———————

7歳頃までの間に、

些細(ささい)な失敗や

間違いをするといつも

親から

「怖さ」を感じるくらい

怒られていた。

———————————–


このような家庭環境で育つ時に

出来る「生き方のルール」は、


「間違ってはダメ」

「失敗してはダメ」

「成功し続けなければダメ」


が考えられます。


この「生き方のルール」から、

失敗や間違いに対する

過度の恐怖心が生まれます。


「いつも、何をするにも、失敗が怖い。

 だから挑戦しない。」

という

「心の型」が形成されるでしょう。


そして、その結果、失敗を極力、

避けるように行動することが自動化され、

失敗をしないことが、

最優先の人生になります。


このように

「心の型」によって、

反応が自動化されることで、

「生き方のルール」を

確実に守れるようになります。


そして、

「生き方のルール」を守ることで、

この【例①】のケースでは、

「挑戦しないこと」が自動化されます。


挑戦しないことで失敗しなくなり、

「失敗したら、親から怒られてしまう」

この心に染みついた「怖さ」から

離れることができるので、

安心することができます。


しかし、この

「生き方のルール」は

幼い頃の家庭での経験から

作られたものです。


そのために、

大人に成長した私達にとっては、

必ずしも適切ではなくなっている

ことも多いです。


例えば、

「いつも、何をするにも、失敗が怖い

 だから挑戦しない」


この「心の型」の自動反応ために、

自分が心から望むことに

チャレンジできなくなることで、

人生の生きがいを失うかも知れません。


もしかすると、

失敗を過度に怖れるあまり、

何をするにも、

緊張しやすくなることで、

余計に失敗し易くなるかもしれません。


このように、

大人となってからの人生には

時代遅れとなっている可能性が高い、

(子供の頃に決めた)

「生き方のルール」と、

それを忠実に実行するための、

心の自動反応の仕組みである、

「心の型」が集まって、

1つの束になったものが、

「人生脚本」です。


ですから、

「人生脚本」に導かれてばかりでは、

自分が本当には望んでいない結果が

繰り返されることがあります。


そして、

そのストレスから、

「心の不調」に

なり易くなってしまいます。


しかし、逆に考えると、

この「人生脚本」さえ

変えることが出来れば、

自動的に、無理なく、

私達の人生は変わる。


こうも言えます。


それでは、次回は、

「もう自分を責めなくても大丈夫!

 人生を無理なく変えるには

 人生脚本を変える」

をお届けします。


次回をお読み頂ければ、


心理カウンセリングが どうして

「人生脚本」を変えることを

サポートできるのか?


が分かります。

次回もお楽しみに(^^)/

次の記事はこちらから

4:人生脚本を変えて、自分を変える

================

>ひとつ前の記事に戻る
2:日本人の99%がまだ知らない 心の不調の真の原因

================

「心の不調解消」記事はこちらから